「彼女いらない」って本気?男性心理と思わず振り向くアプローチ方!

「彼女いらない」って本気?男性心理と思わず振り向くアプローチ方!

意中の男性に「彼女いらない」と言われたとしたら、あなたならどうしますか?諦める?それとも振り向かせようとする?
男性が「彼女いらない」と言う理由はひとつではありません。今回は「彼女いらない」と言う男性心理と、それぞれのケースに合ったアプローチ方法をご紹介します。

目次

    「彼女いらない」と言う男性心理って?

    「彼女いらない」と言う男性心理って?

    「彼女いらない」と言う男性の心理にはさまざまな背景があります。理由によってはアプローチ次第で交際できる可能性もあるため、まずは「彼女いらない」と言っている理由を知ることが大切です。内閣府が実施した調査をもとに「彼女いらない」と言う男性心理をご説明します。

    ◆ 自分の趣味に力を入れたい

    内閣府の調査(※複数回答可)によると、交際相手を持たない20代・30代男性が恋人を欲しいと思わない理由の第1位は「自分の趣味に力を入れたい」でした。20代男性で51.6%、30代男性では40.0%の方が「自分の趣味に力を入れたい」と思っている結果になりました。
    こうした男性は、交際すると趣味に割ける時間がなくなる、あるいは趣味があるから交際の必要はないと考えている可能性があります。

    ◆ 恋愛が面倒

    交際相手を持たない20代・30代男性の47.3%が、恋人を欲しいと思わない理由として「恋愛が面倒」を挙げました。

    恋愛は楽しいことだけでなく、喧嘩など二人で乗り越えなければならない大変なことが起こる場合もあります。そうした過去の恋愛経験などから「恋愛が面倒」と思い、一人でいる方が気楽と感じる男性は「彼女いらない」という気持ちになっているのでしょう。
    こうした男性は恋愛のモチベーションが低いため、よほど好きになれる相手が現れない限り、交際まで進むことが難しい場合が多いでしょう。

    ◆ 仕事や勉強に力を入れたい

    仕事や勉強に力を入れたいがために、交際相手を持ちたくないと考える人も少なくありません。恋人を欲しいと思わない理由として20代男性のうち42.9%の方が「仕事や勉強に力を入れたい」と回答しています。

    こうした男性は、恋愛よりも仕事や勉強を優先しているため、気持ちが恋愛モードに切り替わりにくい傾向にあります。仕事や勉強が第一優先な男性に対しては、無理にアプローチせずに仕事や勉強をサポートすることで、相手に信頼感を与えることができ、男性側の気持ちや時間に余裕ができた時に交際できる可能性があります。

    ◆ 自分に自信がない

    自分に自信がなく、恋愛に向き合いたくないことが原因で、「彼女いらない」と言っているケースもあります。20代男性の33.2%、30代男性の32.2%が、異性と交際するうえでの不安として、「自分は魅力がないのではないかと思う」と回答しています。
    こうした男性は「彼女いらない」と言っていても、実は「彼女がほしい」と思っている場合もありますので、女性から好意を伝えてアプローチすると交際に発展することもあります。

    参考:内閣府「結婚・家族形成に関する調査報告書」

    ◆ 現状に満足している

    趣味や仕事などで私生活が充実しているため、交際の必要性がないと感じる方もいるでしょう。こうしたケースの男性は交際への強い抵抗感があるわけではないため、関係性を深めていけば、交際に発展する可能性は小さくありません。

    ◆ 結婚する前に遊びたい

    交際相手を持つと他のお相手と遊べなくなることから「彼女いらない」と言っているケースの場合は、一度距離を置くことをおすすめします。気のない女性に追われるよりも、自分から追いかけるほうがお相手に対する真剣度が増すためです。男性側が追いかけたくなるような存在になりましょう。

    ただし、特定のパートナーを持つ意思がない方と交際するのは難しいため、お相手が「恋人が欲しい」と思うまで待つか、お相手に好意を持ってもらえるよう時間をかけて距離を縮める等、いずれにしても根気強さが必要になるでしょう。

    ◆ 友達との時間のほうが楽しい

    恋人と過ごす時間よりも、友達との時間を優先したいと考える方は、交際したいと思える人に出会えていないだけという可能性もあります。好意を抱いてもらえるよう、地道にアプローチを重ねてみるとよいでしょう。

    なぜ結婚したくない男性が増えているの?
    ストレス?興味がない?結婚したくない男性が増えている原因について調査しました。
    >> 「結婚したくない男性=ソロ活動系男子」が増加中?

    「彼女いらない」男性が「彼女ほしい」と思うときは?

    「彼女いらない」男性が「彼女ほしい」と思うときは?

    「彼女いらない」と言っている男性も、ふとしたときに「彼女がほしい」と思うこともあります。お相手が「彼女がほしい」と思っているときにアプローチしたほうがスムーズに交際できる可能性が高まるため、こうした心境の変化のサインを見逃さないようにしましょう。

    ◆ 年齢や周りの状況に焦ったとき

    年齢が上がって独身の友達が減ってきたときに、孤独感や焦りから「彼女が欲しい」と思うようになる方もいます。友達といるほうが楽しいと思っていた方も、周囲の友達が次々に結婚し、独身のときと同じように遊べなくなることで、自分の人生についても考え直そうとするようです。

    また、両親からの「そろそろ結婚して安心させてほしい」「孫の顔を見たい」といった要望に応えたいという理由で、婚活を始める方も少なくありません。お相手の周りの状況などをリサーチすることで、ベストなタイミングでアプローチすることができるでしょう。

    ◆ カップルで過ごすことが多いイベントの時期が近付いたとき

    クリスマスやバレンタインデーなど、カップル向けのイベントの時期が近づいたとき、恋人がいないことが寂しく感じられるケースもあります。そのため、こうしたイベント時にさりげなくアプローチすると距離が縮められる可能性が高まります。
    特にクリスマスはイルミネーションデートなど、普段よりも特別感のあるデートができるため、相手にとって特別な印象を持ってもらいやすいでしょう。

    ◆ 1人がつまらなく感じたとき

    テレビや雑誌、SNSなどで温泉や観光地など、1人で行くよりも誰かと一緒に行ったほうが楽しい場所の特集や投稿を見ると、「彼女がいたらいいな」と感じることもあります。また、1人で悠々自適に過ごす人生を持て余したときに、恋人や家族がほしいと思う方もいるようです。

    「彼女いらない」と言われたときにすべきこと

    「彼女いらない」と言われたときにすべきこと

    意中の男性に「彼女いらない」と言われてもすぐに諦める必要はありません。タイミングを見計って、適切なアプローチをかけてみましょう。

    ◆ 彼女が欲しいと思うタイミングを見極める

    彼女が欲しいと思うタイミングでアプローチをかけたほうがスムーズに交際できる可能性が高まるため、機が熟すまで待つことも必要です。

    また、「彼女いらない」という理由によってもアプローチの方法が変わってくるため、遊びの相手が欲しいのか、仕事や勉強など何か別のことに集中したいのかといった理由を把握しておくようにしましょう。お相手に直接聞くのが難しい場合は、共通の知人からお相手の情報を教えてもらうのも方法のひとつです。

    ◆ 自分磨きをする

    意中の男性に「彼女いらない」と言われたら、自分磨きを始めましょう。魅力を増すことで振りむいてもらえるようになる可能性が増しますし、もしも意中のお相手と交際することができなくても自分磨きをした時間は無駄にはなりません。

    髪型や服装を意識するのはもちろん、ポジティブな言葉づかいやお相手の話に耳を傾けることを心掛けるなど、内面を磨くことも魅力アップのカギです。

    ◆ 弱っているときなどに良き理解者としてサポートする

    恋愛に限らずですが、人は心身が弱っているときに助けてくれた人に対して、深い思い入れを抱くものです。そのため、仕事で悩んでいるときに積極的に相談に乗る、弱っているときに食事に行こうと誘うなど、良き理解者としてサポートすることで距離が縮められる可能性があります。

    ただし、男性の中にはプライドが高く、あからさまに助けを求められない方もいるため、最初はさりげなく助け船を出して様子を見てみると良いでしょう。彼女いらない」と言う男性心理をうまく理解し、適切なアプローチをするようにしましょう。

    また、恋愛をしたいけれど周りに「彼女いらない」と言っている男性や、独身の男性がいない場合は「出会い」を見つけることをおすすめします。出会いの方法には婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所など様々な方法がありますので、自分に合った方法で新しい出会いを見つけてみるのもいいでしょう。

    SNSでシェア

    URLをコピーしました

    幸せレポート

    東京証券取引所プライム市場
    株式会社IBJは、東京証券取引所プライム市場に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。