【男性注目】女性からOKをもらえるデートの誘い方【テンプレ付】

【男性注目】女性からOKをもらえるデートの誘い方【テンプレ付】

気になる女性ができたとき、どうデートに誘えばOKをもらえるか悩む男性も多いのではないでしょうか?デートに誘うときには押さえておくべきポイントはいくつかあります。デートの回数やシチュエーションごとにポイントが異なるため、状況に合わせた気配りが大切です。

そこで、これまで多くのカップルの恋をサポートしてきた婚活のプロである結婚相談所IBJメンバーズのカウンセラーへのヒアリングをもとに、デートの誘い方のポイントをお伝えしていきます。
文例付ですので、今日から実践してみてはいかがでしょうか。

目次

    デートに誘う前にリサーチしたいこと

    デートに誘う前にリサーチしたいこと

    デートに誘う前に、お相手についてリサーチしておきましょう。事前のリサーチが的外れな提案をせず、OKをもらえるかどうかのカギになります。

    ◆ モチベーション

    お相手のデートへのモチベーションは必ず確認しておきましょう。ここでいうモチベーションとは、お相手がデートに行くスケジュールの余裕などを指します。誘いに乗りたい気持ちがあっても仕事や他の用事で忙しければ、断らざるを得ません。

    遊びへのモチベーションが低いときに何度も誘うのは、お相手に負担をかけてしまいます。誘うタイミングを間違えないよう、プライベートで遊びに行っているかどうか等をしっかりと確認しておきましょう。
    また、可能であれば、デート可能な曜日や仕事終わりのデートでもOKか、休日は暦通りかなども合わせて確認しておくと、断られる確率が低くなります。

    ◆ 趣味

    お相手の趣味も事前にリサーチしておきましょう。共通の趣味であれば、同じ話題で盛り上がれて距離を縮められますし、共通の趣味がない場合は「この趣味を始めたいんだけど…」と教えてもらうことを口実にデートに誘いやすくなります。
    趣味がない方であれば、遊びの好みや行きたい場所、アクティブ派かインドア派かまでは把握しておくと、的外れな提案をせずに済みます。

    ◆ いま興味があること

    お相手がいま興味のあることを調べておきましょう。あなたのことが嫌いじゃなくても、とくに興味のないことに誘われても行く気が起きないためです。
    逆に、興味があることへの誘いであれば、現段階でのあなたへの関心が薄くても、デートの誘いに乗ってくれる可能性が高くなります。

    ◆ 好きなもの

    お相手の好きなものも調べておきましょう。デートプランに直接盛り込まなくても、ランチで行くお店のテイストを考えるときなどに役立ちます。
    お相手の好きなものや要素をさりげなくちりばめておくと、「この人と趣味が合うかも?」と心の距離を縮めてくれる可能性もあります。

    初回デートの誘い方(文例付き)

    初回デートの誘い方(文例付き)

    初回デートの誘い方で大切なのは、誘いの言葉だとわかるよう、意図をはっきりと伝えることです。好意を前面に出すと重く受け止められてしまいますが、誘っている意図も伝わらなければ社交辞令だと受け取られかねません。
    以下では、おすすめの文例も合わせてご紹介します。

    ◆ 食事に誘う場合

    食事に誘う場合は、「良かったらご飯にいきませんか?」というようにシンプルに、はっきりと意図が伝わるような言葉をかけると良いでしょう。
    もしお相手が自分に好意的かわからない状態であれば、ランチに誘うのがおすすめです。日中であれば女性は抵抗なく誘いに乗れますが、夜だと警戒心が働き、OKしてもらえない可能性が高まるためです。

    また、誘う際は「〇〇のおいしいお店を見つけたので一緒に行きませんか」などと、お相手の好きな食べ物に合わせて具体的にお誘いすると、前向きに検討しやすくなります。

    ◆ 相手の好きなものに関連した誘いの場合

    お相手の好きなものに誘う場合は、「あなただから」誘っていますというメッセージをきちんと伝えることが大切です。

    たとえば、「〇〇がお好きって言っていましたよね。僕も興味があって、良かったら詳しい人と一緒に見に行けたらと思っているので、一緒に見に行ってもらえませんか」などと、頼ったり甘えたりすると、面倒見の良い女性はとくに母性本能をくすぐられ、OKしてくれる可能性が高まります。自分の好きなものを覚えてくれている点にも好印象を抱くでしょう。

    ◆ お礼を口実に誘う場合

    何かのお礼を口実に誘う場合は、お礼だけでなく「〇〇に一緒に行きたい」という気持ちもしっかりと伝えることが大切です。
    「この前のお礼にご馳走させてください」「この前は助かったよ、ありがとう。お礼したいからランチ(またはお茶)行こう!」とわかりやすい言葉で伝えることで、社交辞令ではない誘いとして真剣に検討してもらえます。

    ◆ お祝いを口実に誘う場合

    何かのお祝いを口実に誘う場合は、まずお相手の予定を訊きます。「来週、〇〇さん誕生日ですよね、もう何か予定って入っていますか?」と尋ねて、予定がすでに入っていれば、「じゃあ、その前の日にお祝いさせてください!」などとその前後の日にちでお誘いすると良いでしょう。

    良い反応があればOKですが、「いやぁ、悪いからいいよ」など、どっちとも取れない反応であれば、もう一押し誘ってみて相手の様子をうかがってみましょう。「忙しいから」などと具体的に断られた場合はそれ以上無理強いすると、お相手に負担をかけるため、別の機会を見計らってください。

    女性に喜ばれるメールって?
    女性に送るメールやLINEで悩んだことはありませんか?重要なポイントをご紹介!
    >> 婚活に活かす!女性が喜ぶメール・LINEのコツ

    初回デートのポイント

    初回デートのポイント

    初回デートのポイントは、デートに誘うタイミングと女性のお話に耳を傾けることです。お相手の立場に立って考えると、どんなことに気を配ればいいのかが自ずと見えてきます。

    ◆ デートに誘うタイミング

    初回デートに限らずですが、デートに誘うタイミングが重要になります。知り合ってすぐ、連絡先を交換してすぐ、お互いに仲良くお話できた後すぐにお誘いすると、うまくいきやすくなります。
    これはお互いの印象が濃く、熱量があるうちに誘うことで「私と仲良くなりたいのだな」「いいと思ってくれているのだな」という想いが伝わりやすくなるためです。女性からデートに誘うことは少ないので、男性から誘うようにしましょう。

    ◆ 女性のお話に耳を傾けること

    デート中は女性のお話に耳を傾けることを意識してください。男性が自分のことや自慢話ばかり話していると、それを聞かされた女性はうんざりするものです。
    しかし、その場では顔に出さずにその場をやり過ごす女性も多いため、十分に意識することが大切になります。気になるお相手とのデートで緊張して自分だけ話しすぎたということにならないように、気を付けましょう。

    一方で、自分が話すのが得意ではなく、お話を訊くのが好きという女性もいるため、お相手の性格や様子を考慮し、「お相手が楽しめているかどうか」ということを常に念頭に置いておきましょう。

    初対面で「ナシ」と思われているかも?
    婚活において、女性にマイナスに思われる話し方と行動とは。
    >> チェック!女性が初対面で「ナシ」と思う男性の話し方と行動10選

    2回目以降のデートの誘い方(文例付き)

    2回目以降のデートの誘い方(文例付き)

    2回目以降のデートに誘うときは、会話の中で自然に誘うのがポイントです。とくにデート中やデート直後は気持ちが盛り上がっていて、OKしてもらえる確率が高くなります。

    ◆ 初回デート中に誘う場合

    初回デート中に誘う場合は、お相手の好きなものを聞くと、自然に誘うことができます。たとえば、「どんな映画が好き?」と尋ねたとき、その流れで「僕も好きなんだよね。良かったら今公開中の〇〇を観に行かない?」と誘うとスムーズです。
    楽しいデートであれば気分が盛り上がっているため、次のデートのOKももらいやすく、誘う側にとっても負担が少なくなります。また、断られた場合もお相手の反応を直接見られるので、脈ありか脈なしか判断しやすくなります。

    ◆ デート後すぐに誘う場合

    デート直後に誘う場合は、解散してから「家着いた?」「今日はありがとう」などといった連絡をしましょう。お相手からも「今日は楽しかった」という言葉がもらえたら「僕も楽しかったよ。〇〇ちゃんが言ってたお店が気になったんだけど、今度一緒に行かない?」と会話の流れで誘ってみると自然です。
    デート直後でお互いに気持ちがあたたまっているうちに誘うと、OKをもらいやすくなります。できれば解散してから1時間以内、お相手が家に着いた頃を見計らって連絡すると良いでしょう。

    ◆ 後日誘う場合

    デートからある程度日が空いてから誘う場合は「〇〇日って空いてる?」といきなり本題に入っても構いません。お相手からあなたへの好意があれば、日にちが空いていなくても他の日にちを提示してくれるでしょう。
    ただし、後日誘う場合は、デート直後よりは気持ちが落ち着いているため、断られる可能性も高まります。誘う側のハードルも上がるため、できればデート当日に約束をとりつけておいたほうがよいでしょう。

    2回目以降のデートの誘い方のポイント

    2回目以降のデートの誘い方のポイント

    2回目以降のデートの誘い方のポイントは、初回デートから日を空けずにお誘いすることと、脈ありサインを見逃さないことです。お相手の気持ちが変わってしまわないうちに、男性のほうからアプローチするようにしましょう。

    ◆ 初回デートから日を空けずにお誘いする

    2回目のデートに誘う場合もタイミングが重要です。できれば、初回のデートから日を空けず、デート中か、もしくはデート後すぐのほうが、印象に残っているためお誘いにOKしてもらえる可能性が高まります。

    もしも女性側にも好意がある、あるいは悪い印象がないにもかかわらず、次のお誘いがないと「私のことを良いと思ってくれていないのだな」と判断されて、他の方に目を向けてしまうこともあるでしょう。チャンスを逃さないよう、お相手に対して好意があるのならできるだけ早めに次のお誘いをすることが大切です。

    ◆ 脈ありサインを見逃さない

    お相手が脈ありかどうかは誘ってみればわかるため、次の誘いをできるだけ早くすることが大切です。ただし、成功するかわからないのに、誘う勇気がないという方は、お相手の脈ありサインを見逃さないようにしましょう。

    たとえば、女性が「〇〇に行ってみたい」とお店やデートスポットの話をしたり、「一緒に〇〇してくれる人がいなくて」と一緒に行ってくれる人を探しているような素振りを見せたりしたら、誘ってほしいという意思表示の可能性もあります。こうしたサインを見つけたら「よかったら一緒に行かない?」とすかさず誘ってみてください。

    どうやってデートに誘えばいいの?
    気になる女性をスマートにデートに誘いたい方へ、「デキる」デートの誘い方をご紹介!
    >> 婚活でのデートの誘い方って?30代後半男性の「デキる」誘い方をレクチャー!

    これだけは気を付けたいNGなデートの誘い方【LINE編】

    これだけは気を付けたいNGなデートの誘い方【LINE編】

    会っているとき以外でデートに誘うときはLINEなどのテキストメッセージをする機会が多くなりますが、テキストでのやりとりは会っているときよりもすれ違いが生まれやすいため、文面に気を配ることが大切です。

    ◆ 短文で要件だけ

    LINEで「デートに行こう」などと短文のみ送ると、女性側は具体的なイメージが湧かず、すぐにOKしづらくなってしまいます。
    また、「デートってどこに?」「いつ?」といった質問をしなければいけなくなり、「面倒な人」と思われてしまいかねません。短文でも構いませんが、相手が知りたいと思うような情報は最低限伝えるようにしましょう。

    ◆ OKの返事に対して次のアクションが遅い

    OKをもらった後から音沙汰がなくなってしまうのは、絶対に避けてください。大事にされていないと感じ、お相手のモチベーションが下がってしまい、最悪の場合はドタキャンされてしまうこともあるでしょう。
    デートの誘いにOKの返事をもらったら、日時や待ち合わせ場所、デートプランなどはできるだけ日を空けずに提案するようにしてください。

    ◆ 相手の都合を考えていない

    お相手の都合を考えない提案は絶対にやめましょう。お相手の会う場所や時間、お店など相談なしに勝手に決めてしまうと、自己中心的な人と思われても仕方ありません。
    率先してプランを組んで提案するのは大事ですが、同じ時間を共有するお相手の意見も聞く姿勢も大切です。

    失敗しないデートの誘い方
    LINEを使ったデートの誘い方と、断られた時の対処法をご紹介!
    >>LINEを使ったデートの誘い方!ポイントはお相手との○○

    【参考】すでに付き合っている人向け デートに誘う方法

    【参考】すでに付き合っている人向け デートに誘う方法

    付き合い始めてからこそ、きっかけがつかめず、デートにどう誘っていいかわからないという方もいるでしょう。あなたに好意を持っているお相手ですから、基本的には誘いを喜んでくれるはずです。気負わずお誘いしてみてください。

    ◆ 自信がない場合

    付き合いたてで自信がない方もいらっしゃるかもしれませんが、交際を決めてくれた以上、お相手も交際について前向きでいてくれているはずです。あまりに自信がなさそうにしていると選んでくれたお相手にも失礼ですから、勇気を出してお誘いしてみましょう。

    ◆ お相手が忙しそうな場合

    お相手が忙しそうにしているときは、まずお相手の置かれた状況や心情に寄り添ったうえで、予定を訊いてみると良いでしょう。

    STEP1:まずは共感する

    まずは忙しいお相手を気遣ってあげましょう。仕事であれば「大変だね」と労い、プライベートが充実しているときは「楽しそう」とポジティブに共感することが大切です。

    STEP2:予定について訊いてみる

    お相手への気持ちに寄り添ってから、予定について尋ねてみましょう。会話の中でお相手のスケジュールを何となく把握し、「〇〇日なら時間作れそうかな?」や「いつくらいなら会える?」とお相手を尊重しながらデートに誘ってみてください。

    ◆ しばらく連絡をとれていなかったとき

    あなたが忙しくてしばらく連絡できていなかったときは、まず「連絡できてなくてごめん!」と素直に謝りましょう。そのうえで「〇〇日以降はスケジュールに余裕があるんだけど、よかったらご飯に行かない?」と切り出せば、お相手は前向きに検討してくれるはずです。
    忙しくなりそうな時には、「忙しくて○○日くらいまで連絡できなくなりそう」と事前に伝えるなど、お相手への気遣いも忘れないようにしましょう。

    まとめ「デートに誘うのが苦手なら結婚相談所へ」

    まとめ「デートに誘うのが苦手なら結婚相談所へ」

    気になる女性がすでにいる場合は別ですが、女性との出会いを求めていて、デートに誘うことへの苦手意識が強い方は結婚相談所を利用するのも方法のひとつです。

    結婚相談所によっては、カウンセラーサポートに違いがありますので、ご自身の希望に合った結婚相談所を探してみましょう。 結婚相談所IBJメンバーズでは、少人数専任制のカウンセラーが丁寧にサポートを行っています。
    デートの誘い方や日程調整、当日の服装など、小さなことに至るまで、カウンセラーが親身になって相談に乗っています。ときには、カウンセラー同士が連携して、お相手との間に入り、直接聞きにくいこともカウンセラーが確認しますので、自力でのアプローチに苦手意識を感じている方に向いています。

    IBJメンバーズでは、結婚相談所に関する疑問や不安にお答えする無料カウンセリングも行っています。無理な勧誘は一切しませんので、どんな小さなお悩みもお気軽にご相談ください。

    SNSでシェア

    URLをコピーしました

    幸せレポート

    東京証券取引所プライム市場
    株式会社IBJは、東京証券取引所プライム市場に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。