成婚者の体験エピソード|結婚相談所IBJメンバーズ

成婚者の体験エピソード

「日常では接点のない人と出会えるのが魅力だと思います」

「日常では接点のない人と出会えるのが魅力だと思います」

  • 竹内美加様(女性)31歳【仮名】

2011年7月 結婚相談所 IBJメンバーズ横浜店ご入会
2011年7月 IBJメンバーズのセッティングにより、ご婚約者様とお見合い
2011年9月 成婚退会
2011年11月 プロポーズ&結納
2012年7月 挙式予定

今の彼との出会いは、入会後の最初のお見合い

IBJメンバーズに入会しようと思ったきっかけは何ですか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

女友達との時間や自分にとって楽しい時間で日々が過ぎてしまい、このままではいけないと思い、まずはカジュアルな婚活パーティーに参加しましたが、なかなか素敵な人には巡り会えませんでした。それに、パーティーは真剣に結婚を考えていない人も多いようだったので、私にとってはちょっと限界がありましたね。そんな事を思って、自分への投資として、思い切って入会してみようかなと思ったんです。IBJメンバーズのアドバイザーの石川さんからお話を聞いて入会を決断して、一週間後の契約時にはすんなり前向きな活動に向けて心が動いていました。

活動中に苦労したことはありますか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

そうですね。他の人と比べると、お見合いはそれほどしていないかと思います。最初のお見合いでもう彼と巡り会ってしまって、私の中ではいいなと思っていましたので、その後も別の方とお見合いはするものの、どこで踏ん切りをつければいいか迷っていました。最初に会った人で決めてしまうというのも、さすがにどうかと思うじゃないですか。でも、二回目に彼と会った時には、「この人だな…」と思ったので、もうこれ以上他の人と会う必要はないかなと思って彼に絞りました。

お互いのプロフィールのPR文がとても良かった

カウンセラーとの印象的なエピソードはありますか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

何と言っても、プロフィールに載っている相談所(カウンセラー)からのPR文が良かったということですね。担当カウンセラーさんが考えてくださったのですが、彼に後で聞いてみたところ、そのPR文を見て私に好印象を持ってくれたようです。私も彼のプロフィールを見て好感を持ったので、結婚相談所のPR文って効果的なんだなと思いました。最初のイメージでは、結婚相談所に在籍している男性って、本人はそれほど収入がなくても家族は裕福な人が多いんじゃないかなと思っていて、何だか敷居が高い感じがしたのですが、彼のプロフィールを見て、そうではないということに正直安心はしましたね。二人が出会ったきっかけのプロフィールですから、本当は披露宴でも双方の人物紹介に使いたかったのですが、退会後プロフィールは処分してしまったんです(泣)それが残念でならないですね…

カウンセラーさんが間に入ってくれて良かったことと言えば、私だけでなく彼の活動状況も知っているので、彼のその時の状況に応じて私がとるべき行動を的確に教えてくれたのはありがたかったですね。

例えば、彼が私以外の女性の方ともお見合いをしてOKをもらったという話を聞いた時、カウンセラーさんからは、「次にデートするなら、今が手をつなぐチャンスよ」って教えてもらったんです。男性が二人の女性の間で悩んでいる時こそ、そっと自分から手をつないでアピールするのが小悪魔テクニックらしいんです(笑)彼とは、どちらかというと私の方からオファーして交際に至ったので、他の誰より私の方が彼に対する想いは強いということを感じてもらえて、最終的に私を選んでくれたんだと思います。後から彼に聞いたところ、彼の中では、迷いがあったそうです。その日に距離が縮まったことが今の幸せに繋がっています。でもその時に彼がつぶやいた「やっぱり、美加だな」という言葉が少し引っかかって、「やっぱりって何?誰と比較してやっぱりなの!?」という問い詰めもしましたが今でも、たまに二人の間で話題に出てきますね(笑)

プロポーズは、すべて自分が仕切って決めちゃいました

お相手の方と初めて会った時の印象はどうでしたか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

写真では知的なイメージがあったのですが、実際会った時はとてもフランクで「よく喋る人だな〜」という印象で、いい意味でギャップを感じましたね。彼は船乗りで体も大きいんですけど、私もけっこう身長が高いので、初めて会った時に彼もビックリしたみたいです。背が高いのはお互い様なんですけどね(笑)

今では、お互いの事を理解し合っているので、私が次に言おうとしていることも彼はだいたい分かっちゃうみたいです。海に出ている時は、離れていることが不安みたいでメールや電話もよくしてくれますね。体は大きいけど、中身は繊細な人なんです。

交際からプロポーズに至った経緯を教えていただけますか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

彼が乗船してしまうと会えなくなってしまうという事が、お互いの感情と行動に拍車をかけたのだと思います。結婚に関しても彼が海上復帰するタイミングに合わせて考えていたのですが、それが早まったことを理由に、婚約も予定より前倒しになりました。彼自身、仕事柄出会いが少ないというのもあって、もともと結婚願望が強かったんですよね。

プロポーズは、、、実は全部私が仕切って決めちゃいました!場所はディズニーシーで、日にちも決めてましたね。指輪も一緒に買いに行って、もう私が選んじゃったんです。あとは、彼に「かっこよくロマンティックにプロポーズしてね」ということだけ伝えておきました。結構プレッシャーだったかもしれないですね(笑)

当日はアトラクションを楽しみながら、いつプロポーズしてくれるんだろうとドキドキして待っていたのですが、なかなかプロポーズしてくれる気配がなくて、ついに「ねぇ、いつしてくれるの?」と言ってしまって、ちょっとケンカっぽくなってしまったんです。とはいえ、プロポーズの日だし、彼には機嫌を直してもらいたいと思いつつ、心の中では悲しくて「どうしよう、どうしよう…」と焦ってしまいました(笑)そんな中、きらきらと輝くクリスマスツリーの前で「写真、撮らないの?」と彼が言ってきて、「あ、撮る」と何気なくカメラを向けたら…ファインダーに指輪が写り込んだんです。彼のこういうセンス、大好きなんですよね。本当にうれしかったです。

結婚は、本当の意味での大人への第一歩

結婚が決まる前と今とでは、何か心境の違いはありますか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

結婚が決まった今こそ、ようやくスタートのような気がしています。結婚って本当の意味で大人になる事なんじゃないかなと思うんです。子供ができて、旦那さんを支えていかなければいけないとなるとやっぱり辛いし大変じゃないですか。そう考えると、独身の方がきっと楽なんですよね。だから今は、本当の大人になる上でのパートナーが見つかって良かったと思っています。彼も同じように考えてくれているので、一緒に次に進もうという気持ちでいる人がそばにいるのは幸せな事なんだなと思います。

私と彼は、もともとは全く違う生活環境のもとで過ごしていたと思うんです。彼は船乗りという気の抜けない大変なお仕事をしているので、お休みの時は私が楽しませてあげなきゃと思いますし、彼はすごいしっかりしている人だから、そういう面では引っ張っていってもらいたいなと思っています。相手のために何かしてあげたいと思うことが結婚のような気がするんです。

最後、IBJメンバーズでご活動されてどうでしたか?

カウンセラーインタビュー

竹内美加様(女性)31歳【仮名】

やっぱり、日常で接点がない人と出会えるというのが魅力なんじゃないかなと思います。そういった人と出会った時は、初めは不安もありますが、それでも意外とうまくいくものなんですよね。私の友人で、彼氏と長く付き合っていて、一体いつ結婚するんだろうと不安を感じている子もいるんですが、こういった結婚相談所でしたら、結婚したいタイミングはみんな一緒だから早いですよね。入会して3ヶ月というあっという間の活動でしたが、本当に感謝しています。ありがとうございました。