【男性に聞く】いい夫婦って?あなたが実現したくなる理想の夫婦像5選

【男性に聞く】いい夫婦って?あなたが実現したくなる理想の夫婦像5選

好きな人と結婚して、いつまでも仲良しの夫婦でいたい。

結婚を希望する人であれば、だれもが夢見る理想ですよね。生涯のパートナーには、お互いに支え合い、尊敬し合える人を選びたいもの。では、理想の夫婦像を実現するためには、どんなことを意識すれば良いのでしょうか?

今回は「いい夫婦」の意識調査をもとに、理想について夫婦像を考えてみましょう。

目次

    みんなが思う「いい夫婦」とは?

    みんなが思う「いい夫婦」とは?

    結婚を希望している方は「いい夫婦関係を築ける人と結婚したい」と思っているはず。では、「いい夫婦」と聞いて具体的にどんな関係の二人をイメージしますか?

    株式会社IBJが独身男女約900人に実施した「いい夫婦」に関する意識調査では、次のような結果が得られました。

    Q.いい夫婦とはどのような夫婦のことだと思いますか?

    感謝の気持ちを忘れない夫婦・・・51.2%
    足りないところを補い合う夫婦・・・16.8%
    お互いの時間を尊重できる夫婦・・・15.8%
    いつまでもラブラブな夫婦・・・8.9%
    友達みたいに楽しい夫婦・・・7.4%

    約半数以上の方が「感謝の気持ちを忘れない夫婦」と回答しています。

    トップの回答それぞれに共通する点に「相手を思いやる気持ち」があります。いつまでも相手への思いやりを忘れないことがいい夫婦の秘訣なのかもしれませんね。

    一方で、別の意識調査では「いい夫婦」のイメージが男女で異なることもわかっています。

    男女でこんなに違う!?「いい夫婦」のイメージ

    男女でこんなに違う!?「いい夫婦」のイメージ

    25歳~35歳の働く男女に「理想の夫婦像」を聞いたWebアンケート調査では、男性と女性で次のような異なる回答が出ています。

    女性の意見
    ・歳を重ねても仲良し
    ・いつまでも恋人気分を忘れない

    男性の意見
    ・干渉しすぎず自立した夫婦
    ・言いたいことは言える仲

    男女の回答を分析すると、夫婦の距離感に若干のギャップが感じられます。女性は恋人のようなラブラブな夫婦関係を求める一方、男性は適度な距離感を保った夫婦関係を理想と捉えているようです。

    恋人のようなラブラブな夫婦も、一定の距離感を保った大人の夫婦も、どちらも仲の良い夫婦であることは間違いありませんが、相手が思う「いい夫婦のイメージ」を理解し、すり合わせをする必要がありそうですね。

    以上を踏まえ、結婚後に実現したい理想の夫婦像について考えてみましょう。

    実現したい理想の夫婦像5選

    2つのアンケート調査をもとにして、実現したい理想の夫婦像を考えてみました。

    1 お互いが自立している夫婦

    1 お互いが自立している夫婦

    漫画家のさわぐちけいすけさんがTwitterに投稿した理想の夫婦像が、多くの人の共感を呼び話題となりました。それが「お互いが自立している夫婦」です。

    自立している夫婦とは、「各自が1人になっても生きている夫婦」のことで、「生活すること自体は1人でも大丈夫だとしても、一緒にいたいから夫婦の関係でいることが理想」とさわぐちさんは語っています。

    つまり、相手に依存しなければ成り立たない関係ではなく、必要なときに役割分担ができる関係であることこそが、夫婦で支え合うこと、協力すること以前に大事だということです。

    2 二人だけの時間が持てる夫婦

    2 二人だけの時間が持てる夫婦

    結婚した当初は恋人のようにラブラブでも、子供が生まれたり、親と一緒に暮らすようになったりして家族が増えると、夫婦の時間が減った、あるいは一緒にいる時間がなくなったという夫婦はかなり多いようです。

    二人だけの時間が少なくなると、やがて会話が少なくなり、セックスレスになるなど夫婦関係が希薄になってしまう可能性もあります。

    いつまでも仲の良い夫婦でいるためには、二人だけの時間を意識的に持つことが大切です。「パートナーがいて当たり前」ではなく、「パートナーがいてくれる幸せ」を二人の時間で確認し合いましょう。

    3 ダメな部分も許し合える夫婦

    3 ダメな部分も許し合える夫婦

    恋人になったばかりの頃のカップルは、よく「自分のどこを好きになったの?」「○○なところが好きだよ」と、お互いの好きな部分を褒め合うもの。でも、恋人や夫婦の関係が長く続くと、だんだん相手の嫌な部分、ダメな部分も見えてくるものです。

    相手のダメな部分が出たときに、どのように向き合うかが良い夫婦関係を継続するコツです。我慢すると不満が溜まりに溜まって爆発し、取り返しの付かないことにもなりかねません。

    ときにはお互いのダメな部分を指摘しあい、価値観や考え方のすり合わせをしましょう。お互いの欠点を二人で乗り切れる夫婦が理想ですよね。

    4 お互いを尊敬し合える夫婦

    4 お互いを尊敬し合える夫婦

    お互いに対等の関係で尊敬し合える夫婦は、いくつになっても良好な関係であり続けることができます。

    「自分のほうが歳上なんだから」「自分の方が収入は上なんだから」といった優位性を盾にマウンティングをすると、夫婦関係は必ずこじれるものです。

    「ダメな部分も許し合えること」を理想の夫婦像のひとつに挙げたように、パートナーの存在に感謝し、ときにはお互い助け合うという気持ちがなければ、尊敬し合える夫婦にはなれません。

    稼いでいるから、家事を担当しているから偉いといった考え方ではなく、お互いを対等な立場と捉え、パートナーが夫婦のため、家族のためにしてくれる行為を尊重できることが理想です。

    5 笑顔が絶えない夫婦

    5 笑顔が絶えない夫婦

    よくコミュニケーションを取れている夫婦、冗談を言い合える夫婦は、二人の間や家族に笑顔が耐えません。

    子供ができて家族が増えると、なかなか夫婦でラブラブな関係を維持するのは難しいものですが、お互いに尊重しあい、感謝する気持ちがあるからこそ、いつも笑顔で幸せな夫婦でいられます。

    何気ない会話のときも、仕事や育児で疲れているときも、笑顔でいることを心がけましょう。笑顔を心がけるだけでも、理想の夫婦像を実現することができますよ!

    まとめ

    2つのアンケート調査をもとにして、理想の夫婦像について考えてみました。

    男女で理想の夫婦像に違いはありましたが、お互いを尊重しあい、当たり前の日常を送れることに感謝の気持ちを忘れないことが、理想の夫婦像を実現するための大切な要素であることは普遍的です。

    この記事を機会に、パートナーが理想の夫婦についてどう考えているか、ぜひ二人で話し合うきっかけを作ってくださいね。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。