「彼女はいらない、でも奥さんは欲しい」という男性の本音や心理とは?

「彼女はいらない、でも奥さんは欲しい」という男性の本音や心理とは?

「彼女はいらないけど結婚はしたい」という男性は少なくありません。お見合い結婚より恋愛結婚が主流となっているいま、それでも恋愛を重視しない、彼女はいらないという男性は何を考えているのでしょうか?

今回はそんな男性たちの本音や心理に迫ってみましょう。

目次

    彼女がほしくない男性が増加している?

    彼女がほしくない男性が増加している?

    若者の「恋愛離れ」が顕著です。2011年の恋愛をテーマにしたあるアンケート調査では、20~30代の独身男性の75%が「交際相手がいない」と回答しています。また、若者が恋愛をしにくくなっている理由には、次の3つが挙げられています。

    ・経済的な事情
    ・SNSのつながりすぎる人間関係
    ・妄想力と行動力の低下

    「彼女はいらないけど奥さんはほしい」という男性も、一方では「結婚はしたいし、子供はほしい」と答えるケースも少なくありません。上記の理由でお金や時間を使う割に結婚まで到達するかわからない恋愛を楽しむよりも、最短距離で結婚して幸せな家庭を築きたいという男性は多いのかも知れませんね。

    「彼女はいらないが奥さんはほしい」という男性の本音と心理

    「彼女はいらないけど奥さんはほしい」という言葉の裏には、どんな本音と心理が隠されているのでしょうか?ここでは7つのケースに分類してご紹介します。

    1 束縛されたくない

    1 束縛されたくない

    彼女がほしくないという男性の多くが、彼女がいることで自分のために使える時間やお金に制限ができることを懸念しています。とくに女性からモテる男性の「束縛されたくない」は、一人の女性に束縛されるよりも、自由にいろんな女性と遊びたいという遊び人の心理が見え隠れしています。

    ただし、束縛されたくないという男性でも、本当に好きで誰にも渡したくないと思えるような女性が現れれば、気持ちが変わることもあります。もしあなたが「束縛されたくない」という男性を好きになってしまったら、その言葉の裏に隠された心理を読み解くことが大切です。

    2 仕事や趣味の時間のほうが大事

    2 仕事や趣味の時間のほうが大事

    仕事やプライベートが充実している男性は、お金や時間を女性との恋愛に使うよりも、自分のために使いたいと思っています。平日は仕事に、休日は趣味にと忙しくしているために、恋愛の優先度が高くないのです。

    ただし、結婚ということを視野に入れると、女性から見て仕事や趣味が充実している男性は魅力的なもの。あなたの気になっている男性がこのケースであれば、お相手の仕事や趣味を尊重し、束縛したり深入りしたりしないということをアピールすると良いかも知れませんね。男性があなたのことを「自分を支えてくれる女性だ」と感じると、恋愛関係に発展する可能性は高いですよ!

    3 恋愛対象ではない

    3 恋愛対象ではない

    お相手の女性が恋愛対象でないことを、「彼女がほしくない」とオブラートに包んで伝える男性もいます。言葉だけを聞くと、アプローチの仕方によっては振り向かせることができそうですが、本音では「あなたを恋愛対象として見ていない」ということなので、努力をしてもどうにもならないケースが多いです。

    「恋愛対象でないならはっきりそう言ってほしい!」という女性も多いですが、男性なりの気遣いなので深追いは厳禁です。本当に恋愛対象として見られていないのかどうか、彼の言動で判断するしかありません。

    4 元カノのことが忘れられない

    4 元カノのことが忘れられない

    元カノや過去の失恋を忘れられないために、いまは「彼女がほしくない」と言っているケースもあります。まだ元カノのことを諦められない、過去の恋愛のキズが癒えていない男性に無理にアプローチしても、あなたが傷つくだけです。

    このような男性を振り向かせるには、お相手が「新しい恋愛をスタートしたい」という気持ちに切り替わるのを待つしかありません。アプローチのタイミングを間違うと男性のあなたへの気持ちが離れてしまうおそれがあるので、タイミングがくるまで男性を見守る気持ちの余裕が必要です。

    5 実は本当に彼女ができない

    5 実は本当に彼女ができない

    実は彼女ができない、モテない自分を隠すために「彼女がほしくない」と言っているケースもあります。恋愛経験が少なく、自分に自信が無い男性の多くに見られる傾向があり、実際は彼女がほしくないわけではないというのが本音です。

    あなたの気になっている男性がこのケースに当てはまれば、積極的にアプローチするとすぐに恋愛関係に発展する可能性があります。お相手は恋愛経験が少ない可能性もあるため、あなたが引っ張っていくくらいの気持ちがあると上手くいくでしょう。

    6 経済的に恋愛を楽しむ余裕がない

    6 経済的に恋愛を楽しむ余裕がない

    「彼女がほしくない」というよりも、「デートやプレゼントに使うお金がない」という男性はこのケースに当てはまります。女性との交際は食事代、デート費用、プレゼント代、身だしなみを整えるための費用など、何かとお金がかかるもの。「食事は女性にごちそうするもの」「プレゼントは奮発するもの」という一般論も根強いため、経済的に恋愛を楽しむ余裕が無いと考える男性も多いようです。

    このような男性は「女性はお金がかかるもの」というイメージを持っているため、アプローチするなら「割り勘でも大丈夫」「贅沢はしない」というアピールが効果的。ただし、結婚までを視野に入れるなら、お相手の収入やお金の使いみちなどはシビアに考えたほうが良いでしょう。

    7 恋愛に興味がない

    7 恋愛に興味がない

    少数派ですが、実際に恋愛そのものに興味がない男性もいます。たとえば、女性と体の関係を結ぶことにしか興味がなかったり、そもそもの恋愛経験がないので今後も必要ないと思っていたり。

    そんな男性に自分を彼女として見てもらうことは難しく、彼女になれたとしても幸福な恋愛関係になれるとは限りません。時間を置いて彼が恋愛に興味が湧いてくるのを待つか、別の男性に目を向けたほうが良いでしょう。

    まとめ

    まとめ

    「彼女はいらない、でも奥さんは欲しい」という男性が何を考えているのか、7つのケースに分類してご紹介しました。

    あなたの気になる男性が「彼女はいらない」と言っていたら、まずはその本音や心理を知ることが大切です。今回ご紹介した7つのケースのどれに当てはまるかチェックして、アプローチの方法を考えてみましょう。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。