婚活で「めんどくさい」「しんどい」と感じるあなたにその理由や解決方法をご紹介

婚活で「めんどくさい」「しんどい」と感じるあなたにその理由や解決方法をご紹介

結婚適齢期を迎えた30代になると、理想の結婚に向けて婚活を始める方が増えてきます。

しかし婚活をはじめたばかりだと、うまくいかず「しんどい」と感じている方が多いのではないでしょうか?

また、あまり外出するのが好きではないなどの理由から、婚活自体を「めんどくさい」と思って、なかなか行動に踏み出せない方もいるでしょう。

「しんどい」「めんどくさい」と感じている方は、そのまま婚活を続けても疲れるだけです。最近では、婚活疲労症候群という言葉があるくらい、婚活に疲れている方が多いようですから。

婚活で精神的消耗をしないためには、闇雲に理想のお相手を探すのではなく、しっかりとした事前準備や計画性などが必要になってきます。

今回は、「婚活で疲れる原因」と、婚活で「しんどい」「めんどくさい」と感じない方法を詳しくご紹介していきます。

目次

    婚活がしんどい、めんどくさいと感じる理由

    婚活がしんどい、めんどくさいと感じる理由

    婚活をはじめたばかりの頃は、どんな素敵な異性に出会えるのだろうと夢が膨らんでしまうものです。ですが、あまり期待のしすぎるのは禁物です。なぜなら、期待している分、うまくいかなかった時のダメージが大きくなるからです。

    まずは現実をしっかりと見据え、ご自身に合う理想のお相手像のイメージを固めることが必要です。

    婚活をはじめた初期は、やはりいい出会いやお相手に期待してしまうのも仕方がないです。ただこれは、だんだん慣れていけばいいことですが、稀に気持ちの浮き沈みで疲れてしまう方も多くいるわけです。次ではなぜ婚活をしていると「しんどい」「めんどくさい」と感じるようになるのか、その具体的な理由を教えます。

    しんどいと感じる婚活は、心の不安定から起こる

    しんどいと感じる婚活は、心の不安定から起こる

    周りがみんな結婚してしまい焦る場合

    特に結婚適齢期の30代くらいの方は、一度は思ったことがあるでしょう。周囲の友人、知人が次々に結婚していき、自分だけが取り残されていると感じて苦しくなってしまうこと。

    そこに「婚活をしているのに自分だけがうまくいかない」という思いが重なると、余計にしんどく感じてしまうものです。その焦りはまた婚活がうまくいかない原因になります。

    毎回初対面の人と会うと気を遣うという方の場合

    理想のお相手と出会うために婚活をしていると、数多くの異性と実際に会うことになります。早いスパンでは、1週間に1人のペースで会ったりする方もいるでしょう。

    初対面の方とお話するのは、緊張するものです。お互いの相性の問題で、話が盛り上がらないこともあると思います。ですので、毎回笑顔を作ったり、お相手とのお話を考えたりしていると気疲れを起こしてしまうのです。

    連絡が途絶えて自信が無くなるという場合

    異性と連絡のやり取りをしていたのに、急に連絡が取れなくなることがあります。そうなると、「相手の反応は悪くないと思っていたのに、なんでだろう…」と思い悩んでしまうことがあるでしょう。

    もちろんお相手にも都合があり、なんらかの理由で連絡が取れなくなってしまったと考えるのが妥当です。しかし、どうしても理由を考えてしまい、頭の中でぐるぐる思考が回りネガティブな考えになってしまいます。

    他の同性と比較してしまう場合

    元々自分に自信が無い方は、他の同性と比較してしまう傾向が強いです。「もっと若い子の方が魅力的なんだろうな」とか「自分よりほかに良い人が見つかってしまったのかな」などと考えてしまうことがあるでしょう。

    分析や自分の強みを理解するために、比較することは悪いことではないです。しかし、考えても落ち込むだけなら比較する必要はありません。

    婚活をめんどくさいと感じるのは、計画をしっかり練っていないから

    婚活をめんどくさいと感じるのは、計画をしっかり練っていないから

    理由1:あまり外に出たくない

    インドア派で元々あまり外に出ない人は、プライベートで外出するだけでも疲れます。ですので、婚活で知り合ったお相手とお食事に行くのは、尚のこと、めんどくさいと感じてしまうのです。

    理由2:自分の自由な時間が減る

    婚活で出会うまでには、事前に連絡や場所の手配、お見合い・デート当日の対応など様々なことに時間が取られます。

    休日を趣味の時間に費やすなど、自分の時間に使っている人は、婚活に時間を使うことが勿体無いと感じてしまうかもしれません。

    理由3:異性とのコミュニケーションが疲れる

    異性とコミュニケーションを取るのが苦手な人は、「会った時、どんな話をすれば良いんだろう」「きちんと喋れるか」などと不安になってしまい、会う前から疲れてしまいます。

    疲れるのが分かっていると、会うことを先延ばしにしてしまいがちです。すると、お相手からは「この人は会う気はないんだろうか」思われてしまい、結局会うまでに発展しないことも。せっかくのチャンスを逃してしまいます。

    理由4:出費が増えるから

    婚活サイトや結婚相談所の会費、異性との食事代など、婚活を続けていると出費がかさみます。男性は食事代をおごる、女性はデートのために洋服を新調したりメイク用品を揃えたりなど、男女共に出費が増える傾向にあります。

    収入が少なく、貯金に回したいと考えている方は、婚活にあまりお金を使いたくないのかもしれません。しかし出費を抑えれば抑えるほど、できることはどうしても限られてきてしまいます。

    対処法1:しんどいと感じないための婚活方法は、「周りを見過ぎない」「心に余裕を持つ」

    対処法1:しんどいと感じないための婚活方法は、「周りを見過ぎない」「心に余裕を持つ」

    周りが結婚して焦っているのは、自分だけではないと考える

    自分の周りがみんな結婚していると思っている方は、全国各地にたくさんいます。たまたま、自分の周りの友人や知人が出会いに恵まれて結婚しただけのことです。

    その根拠として、インターネットやツイッターを見れば、世の中に婚活で焦っている人は数多くいることが分かります。「自分だけが」と思い詰めない気持ちが大事です。

    時には、広い視野を持って自分の心に余裕を持つ時間を取るようにしましょう。

    毎回1人に絞って婚活をする

    まず「実際に会ってみようかな」とリアルに思う人のみと、連絡のやり取りをするようにしましょう。とにかく、メッセージのやりとりなどをする人数を抑えた方が良いです。複数人と出会うための段取りをしていると、どうしても扱いが雑になって疲れてしまいます。

    雑になると、意外とお相手にもその気持ちが伝わっているものです。まずは1人に絞ってお相手のことを考えれば、自然と好感を持ってもらえる可能性が高まります。

    連絡が途絶えても、仕方のないことと割り切る

    婚活は、「一生を共にするお相手を探す」ことです。そのため、あまり好感を持てなかったり、相性が良くないと判断されたりする場合には、急に連絡を取らなくなることがあります。

    こちら側としても、あまり魅力を感じないお相手とはいつまでも連絡を取らないですよね。これはお相手も同じことを思って連絡を控えた可能性が高いということです。

    たまたま、相性が合わなかっただけの場合も多いので、あまり気にしないことです。むしろ、早めに判断してくれたので「時間を無駄にせずにすんだ」とポジティブに考えるようにしましょう。

    対処法2:めんどくさくない婚活をするためには、「計画性」が最も重要

    対処法2:めんどくさくない婚活をするためには、「計画性」が最も重要

    興味のある婚活パーティーにのみ参加する

    インドア派で普段からあまり外に出たくないと思っている方は、興味がないことになるとめっぽう腰が重くなってしまいます。

    まずは、自分の興味がある婚活パーティーにのみ絞って参加してみてはいかがでしょうか。

    例えば、
    ・料理が好きなら料理コン
    ・アニメや漫画などが好きで趣味なら、その趣味限定コン
    ・野球やサッカーなどが好きな人が集まるスポーツコン
    などです。

    最近では、趣味や趣向に応じた様々な婚活パーティーが開催されています。普通の婚活に今一つ気持ちがのらない方は、一度自分に合った「婚活方法は何か?」「興味のある婚活パーティーとは何か?」を探してみてください。

    月に1回だけでいいので、婚活する日を設ける

    「自由な時間が減る」と思っている方は、予め活動する期間を設定しておきましょう。婚活に割く時間を決めていれば、自然と気軽な気持ちで行動に移せます。

    最初は月に1日は予定を作ってみる、慣れてきたら月に2回と行動する日を増やしてみるのです。素敵な出会いがあれば、自然と行動する意欲も湧いてきます。

    マッチングアプリなどのネット婚活で連絡のやり取りから始める

    異性とのコミュニケーションが疲れる方は、今まで異性と接する機会が少なかったので、いきなり会うのは敷居が高いかもしれません。まずは、メッセージのやりとりができる、マッチングアプリなどのネット婚活から始めてみてください。

    女性との連絡のやり取りに慣れてきたら、次は実際に女性と話してみましょう。例えば、相席居酒屋に行くなどです。

    相席居酒屋は、全く知らない異性と交流を持つことができます。しかも、男性も女性も友達を作るぐらいの感覚できていることが多いので、気軽に会話することが可能です。

    このように、まずはいろんな女性と連絡をとってみる、次に実際に女性と話してみる、と段階を踏んで経験を積むことが重要になります。

    今より歳をとってから婚活したときのことを考える

    出費がかさむのが気になる方は、無料で利用できるマッチングアプリなどを使う方法があります。

    また、今後歳をとってから婚活することを考えると、「今こそ行動に移すことがベストな時期」だと考えてみてください。なぜなら、婚活は年齢がかさむにつれて厳しく難しくなり出費も増える傾向にあるからです。

    そうなると、今すぐはじめる婚活がベストであることに気づくはずです。時間も待ってはくれませんから、気づいた時に行動に移すのが賢い方法です。

    まとめ

    まとめ

    婚活が「しんどい」「めんどくさい」という問題は解決できましたか?

    婚活において一番重要なのは、計画性や心の持ちようです。うまく自分をコントロールすることができれば、そこまで「しんどい」「めんどくさい」と思うことも少ないはずです。

    その他、婚活に疲れている方やうまくいかない方はこちらの記事も参考にしてください。

    参考:「婚活に疲れた」と思う女性のうまくいかない悩みを解決!連絡が面倒・婚活が辛い・好きになれないなど

    婚活で精神的に疲れてしまうと、いざという時にうまくいきません。ですので、結婚相談所「IBJメンバーズ」で最適な婚活方法を学びましょう。

    「IBJメンバーズ」では、専任のカウンセラーがご自身の婚活をサポートしてくれるので、いざという時に頼りになります。また、これまでの婚活やこれからの理想の結婚について婚活のプロがヒアリングを行い、ご自身に最適でより効率的な婚活方法を教えてくれます。

    理想の結婚にたどり着くまでに、「婚活」という迷路を彷徨っている方は、しっかりとした道標を示してくれる「IBJメンバーズ」に一度お問い合わせ下さい。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。