私の夫が世界一!女性が「本当に結婚してよかった」と思える7つの瞬間

私の夫が世界一!女性が「本当に結婚してよかった」と思える7つの瞬間

結婚するからには、妻となる女性には「私の夫が世界一!」と思っていてほしいものですよね。

女性はどんな瞬間に「この人と結婚して本当に良かった」と思うのでしょうか?

既婚女性の経験談も参考に、「結婚の幸せを感じた瞬間」をお伝えします。

目次

    家事や育児に協力的

    家事や育児に協力的

    結婚して共働きになるか、専業主婦になるかに関わりなく、夫が家事に協力的かどうかは女性にとって重要なポイントです。

    一人暮らしが長くて一通りの家事はできるはずなのに、結婚すると家事や育児をすべて女性任せにするという男性も少なくありません。

    その意識の根底には、「家事や育児は女性がやる仕事」「自分のほうが忙しいから仕方がない」といった思い込みがあります。

    家事や育児をたまに手伝うくらいなら良いけど、自分が率先してはやらない……そんな男性と結婚して後悔しているという女性もいるほどです。

    結婚前から「自分も家事や育児に参加する」という意識の男性の方が、女性から見て魅力的ではないでしょうか?

    しょうがないから手伝うではなく、自ら進んで家事や育児に参加する男性なら、女性も安心して任せられますし、感謝の気持ちも湧いてきます。

    家庭を大事にしてくれる

    家庭を大事にしてくれる

    夫には仕事よりも家庭を第一に考えてほしいという女性は少なくありません。

    仕事の大切さは十分に理解しているつもりでも、家庭を犠牲にしてまでは仕事してほしくないというのが女性の本音ではないでしょうか?

    平日は夜遅くまで仕事、休日は疲れているから家事や育児を手伝わない、子供の運動会や参観日はいつも仕事……

    女性も「家族を支えるためだから」ということはわかっているものの、やはり男性には夫として、父親として、家庭にも目を向けてほしいと思うものです。

    家庭も大切にするし、仕事も頑張る。

    ライフ・ワーク・バランスの取れた男性と結婚した女性は「結婚して本当に良かった!」と幸せを実感しています。

    自立していて頼りがいがある

    自立していて頼りがいがある

    結婚後は夫婦共働きであっても、男性は自分だけでなく奥さんや子供を養っていくという意識を持つ必要があります。

    家族である以上、奥さんや子供の人生も担わなければならないのです。

    したがって、男性は経済面でも精神面でも、相手に依存しない自立した人間になることが求められます。

    生活費の不安がなく、夫は仕事も家庭も大事にしてくれる。

    結婚後の生活に安定感があり、女性自身も精神的に余裕を得られるようになったと感じたら、「この人と結婚してよかった」と思うのです。

    作ったごはんを美味しいと言って食べてくれる

    作ったごはんを美味しいと言って食べてくれる

    自分が作った料理を美味しいと言って食べてくれる。

    たまの外食もいいけど、やっぱり妻の料理が一番と言ってくれる。

    自分の手料理を褒めてくれて、美味しく食べてくれる男性がいることは、女性にとって結婚後に幸せを感じる瞬間のひとつです。

    美味しくないと感じたときは嘘をついてまで「美味しいよ」という必要はありませんが、必要以上にけなしたり、「実家の味」を求めたりするのは厳禁。

    たとえ料理が苦手な女性であっても、美味しいと言って褒めてくれる男性がいれば、努力して上手になろうとします。

    いま交際中の女性が料理を頑張ろうとしているなら、その努力を認めてあげて、美味しかったときは素直に美味しいと言ってあげてくださいね。

    一緒にいると安心感がある

    一緒にいると安心感がある

    女性は男性以上に結婚後の生活に安心感を求めると言われています。

    結婚をすることによって新しい家族ができると、実家とはまた違った「家」という意識が生まれます。

    仕事で辛いことや苦しいことがあっても、家に帰れば安心できる夫がいる、家族がいるというのは、結婚したからこそ得られる充実感ではないでしょうか?

    子どもを育てたり、年老いた両親の面倒を見たりといったことも一人では不安ですが、支えてくれる夫がいれば安心です。

    とくに年齢を重ね、一緒にいる時間が長くなれば、夫婦は恋愛のようなドキドキよりも落ち着きや安心を求めるようになります。

    いざというときに頼りがいがあり、一緒にいると安心感がある男性。女性は結婚するのであれば、安心感と頼りがいのある男性を選びたいのです。

    子どもが可愛い、子育てが楽しい

    子どもが可愛い、子育てが楽しい

    女性が結婚して幸せを感じる瞬間には、子供の存在が欠かせません。

    妊娠、出産を経て得られる幸せは何事にも替え難く、大好きな人との間に生まれた子供なら、一層可愛く思えて仕方がないのです。

    一方で、子供には子育てという現実もあります。

    女性が仕事をしながら子供の世話もするとなれば、体力的にも精神的にも大変です。

    でも、夫の献身的なサポートがあれば、大変な子育ても楽しくなりますし、何より幸せを実感します。

    なかには、夫には愛情は薄れてしまったけど、子どもの存在が生きがいという女性も少なくありません。

    それほど女性にとっては、子供という存在は大きいのです。

    周囲から幸せそうと言われる

    周囲から幸せそうと言われる

    自分の両親から、周囲の友人から、「結婚してから幸せそうだね」と言われてから、ようやく「結婚してよかったと実感できた」という女性は意外と多いもの。

    女性はいわゆる結婚適齢期に差し掛かると、周囲から「まだ結婚してないの?」「いい人は見つかった?」などとプレッシャーを掛けられやすいものです。

    そんな周囲の無自覚なプレッシャーに嫌気が差していたという女性も少なくないはず。

    男性は独身でも周囲が結婚についてうるさく言ってくることはなくても、女性は家族や職場でストレスを感じるほど、あれこれ言われることがあります。

    そんな独身時代を経た女性は、結婚してプレッシャーから解放され、ようやく幸せを実感するのです。

    まとめ

    女性が「結婚して本当に良かった」と思える瞬間をご紹介しました。

    どんなときに女性が結婚の幸せを実感するのか、それを知ることで女性が結婚相手に求める要素も自ずと見えてくるのではないでしょうか?

    婚活中の男性、交際相手がいる男性は、ぜひ今回の記事を参考に、女性が結婚に求める幸せとは何かを知ってくださいね。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。