取り入れたい!仲良し夫婦に聞く、夫婦円満の秘訣と独自ルール10選

取り入れたい!仲良し夫婦に聞く、夫婦円満の秘訣と独自ルール10選

「末永く仲良しな夫婦でいたい」ということは、結婚するカップルなら誰もが思うことです。

円満と言われる夫婦でもときには喧嘩することがありますが、大切なのは夫婦の険悪なムードを解消して、より絆を深めようとする行動を起こせることです。

今回は仲良し夫婦に聞いてみた、夫婦円満の秘訣と独自ルールをご紹介します。

目次

    「いい夫婦」とはどんな夫婦のこと?

    「いい夫婦」とはどんな夫婦のこと?

    IBJが独身男女約900人に聞いた「いい夫婦」に関する意識調査で、「いい夫婦とはどのような夫婦のようなことだと思いますか?」という質問に対し、次のような回答が得られました。

    感謝の気持ちを忘れない夫婦・・・51.2%
    足りないところを補い合う夫婦・・・16.8%
    お互いの時間を尊重できる夫婦・・・15.8%
    いつまでもラブラブな夫婦・・・8.9%
    友達みたいに楽しい夫婦・・・7.4%

    約半数以上の方が「感謝の気持ちを忘れない夫婦」と回答しています。

    さらに、「良いと感じない夫婦に足りていないものは?」という別の質問では、回答者の約8割が「思いやり」と回答しています。

    「感謝の気持ちを忘れない」と「思いやり」。この2つが夫婦円満には欠かせない要素のようですね。

    では、夫婦円満の秘訣とは具体的にどんなことがあるのでしょうか?

    夫婦円満の秘訣と独自ルール10選

    仲良し夫婦に聞いた、夫婦円満の秘訣と独自ルールをご紹介します。

    ルール1:相手の立場に立って理解してあげる

    ルール1:相手の立場に立って理解してあげる

    まずはこちらから相手を理解する努力をしてみることが大切です。

    「どうしてわかってくれないのか」「どうして言うことを聞いてくれないのか」と、相手に自分の考えを押し付けて理解してもらおうという考えでは、円満な夫婦関係は形成できません。

    長年連れ添うことになる夫婦の間には、相手への配慮が必要です。どういう伝え方をすればいいか、そのとき相手はどう感じるか、まずは相手の立場に立って考えてみましょう。

    ルール2:相手の仕事・家事を尊重する

    ルール2:相手の仕事・家事を尊重する

    人はだれかに認めてもらったり、褒めてもらったりすることで、自分に自信を持つことができます。

    難しさや責任の大きさに関わらず、相手の仕事や家事、育児などで頑張っている姿を褒めて挙げてください。たったひとことでも「よく頑張ってるね」「いつもありがとう」という言葉をかけるだけで、褒められた相手は嬉しい気持ちになります。

    唯一無二のパートナーが尊敬できる存在であるという信頼感こそ、夫婦円満の秘訣なのです。

    ルール3:夫婦喧嘩は男性(夫)が折れる

    ルール3:夫婦喧嘩は男性(夫)が折れる

    円満な夫婦でも喧嘩をすることがありますが、仲の良い夫婦は男性(夫)側が折れることが多いようです。

    夫婦喧嘩になって感情的に意地を張りあったところで、何かが好転するわけでもありません。

    プライドが邪魔することもあるでしょうが、まずは「ごめん」とひとこと謝ってから、冷静になって喧嘩の原因に対処するようにしましょう。

    ルール4:夫婦喧嘩をしたらその日のうちに仲直りする

    ルール4:夫婦喧嘩をしたらその日のうちに仲直りする

    夫婦円満でもたまに起こる夫婦喧嘩。長引かせて夫婦仲が良くなることはまずあり得ません。その日のうちに仲直りできるよう、努力することが夫婦円満の秘訣です。

    愛妻家で知られるタレントのヒロミさんは、「完璧な夫婦はいない。お互いに50%と50%の存在だ」とおっしゃっています。相手も自分も不完全で、成長過程の夫婦なのです。

    いったん仲直りをして、冷静になってから相手の良いところを見つけるようにしましょう。

    ルール5:コミュニケーションの機会を増やす

    ルール5:コミュニケーションの機会を増やす

    ポジティブなこと、ネガティブなこと、「おはよう」と「おやすみ」のあいさつまで、とにかく夫婦のコミュニケーションの機会を増やしましょう。

    会話が少なくて相手が何を考えているのかわからない、気軽に不満を言えない、話せないことでストレスがたまる……そんな状況だと、いつか不満が爆発して取り返しのつかない夫婦喧嘩に発展しかねません。

    食事の時間や団らんの時間を利用して、今日一日あったことやテレビで観たこと、何でも良いので気軽に話せる関係を築きましょう。

    ルール6:相手のアイデアをなるべく採用する

    ルール6:相手のアイデアをなるべく採用する

    パートナーから夫婦生活を良くする方向についてアイデアが提案された場合は、なるべく採用してあげるようにしてください。

    意見が合わないからと言って頭ごなしに否定すると、それこそ夫婦仲がこじれてしまう原因になってしまいます。

    肯定的な態度で、なおかつ相手を尊重する気持ちを持っていれば、より建設的でお互いに納得できるアイデアにまとめられるはずですよ。

    ルール7:日々の感謝の気持ちを忘れない

    ルール7:日々の感謝の気持ちを忘れない

    パートナーがあなたのためにしてくれたことは、「夫婦だから当たり前のこと」ではありません。仕事で疲れているとき、体調が優れないときにも頑張ってくれているかもしれないのです。

    どんな小さなことでも「ありがとう」と声に出して言うことで感謝の気持ちを伝えましょう。

    ルール8:経済的な余裕を持つ

    ルール8:経済的な余裕を持つ

    お金の使い方や金銭感覚のすれ違いは、夫婦間のトラブルのもとです。

    出費を減らし、貯蓄に回すことで、安心感とともに心に余裕ができます。

    無駄なイライラや夫婦喧嘩を避けることができるので、実は経済的な余裕を持つことは夫婦円満の要素のひとつなのです。

    ルール9:なるべく二人で食事をする時間を設ける

    ルール9:なるべく二人で食事をする時間を設ける

    「どんなときに一番幸せを感じるか?」という質問に、「家族で食卓を囲んでいるとき」と答える先輩夫婦の声は多いです。

    美味しい食事で家族団らんの時間を大切にしましょう。

    どれだけ忙しくても朝食と夕食を一緒にすることで、夫婦のコミュニケーションをとることができます。

    ルール10:誕生日や記念日を祝う

    ルール10:誕生日や記念日を祝う

    パートナーの誕生日や結婚記念日など、大事な日を覚えておいて、一緒に祝うことも大切です。

    プレゼントの金額にこだわるよりも、日頃の感謝の気持ちやこれからも一緒にいたいという気持ちを伝えましょう。

    大事な日を一緒にお祝いすることで、夫婦の絆を深めることができますよ。

    まとめ

    仲良し夫婦に聞いた夫婦円満の秘訣をご紹介しました。

    非常に些細なことでも行動に移すことで、心構えを持つことで、たとえ喧嘩になったときでも夫婦の信頼関係を保ちつづけることができます。

    何か取り入れられるものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。