お見合いで初対面の女性とうまく話せない!沈黙が怖いあなたに

お見合いで初対面の女性とうまく話せない!沈黙が怖いあなたに

お見合いや合コンなどで「初対面の女性と話すのが苦手」という男性は意外と多いです。職場やサークルなどである程度仲良くなった女性とは話が弾むのに、初対面の女性とはどうしてもうまく話せない…そんな悩みを抱えていませんか?

お見合いなどで沈黙の時間が続いてしまうと、何となく居心地が悪く相手の女性にも悪い気がしてしまうものです。そして「もう、お見合いはしたくない」と思ってしまう男性もいるでしょう。

しかし、別に話が上手にできなくても女性の気持ちをつかむことはできます。重要なのはあなたの人柄が、ちゃんとお相手の女性に伝わることです。あなたがやさしい人だったり誠実な人だったりすれば、饒舌ではなくても女性はあなたに好感を持ちます。

そこで、今回はお見合いなどで初対面の女性に会った場合、自分のよさをお相手にうまくアピールする方法をご紹介します。それには、別に多くの言葉は必要ありません。あなたの人柄をわかってもらう努力をしっかりすれば大丈夫です。

目次

    饒舌である必要はない

    饒舌である必要はない

    「自分は口下手だからお見合いやってもうまくいかない」そう考えて、お見合いや女性との新たな出会いに対して臆病になっていませんか?しかし、饒舌で話し上手な男性が必ずしもモテるわけではありません。

    むしろ、女性によっては「寡黙な男性の方が好き」という方もいます。ですから、初対面の女性とうまくお話しできなくてもいいのです。

    ただ、お見合いという場では黙っていてはお相手とのコミュニケーションが取れませんよね。お相手の女性に嫌な思いをさせないためにも、適度に会話をしていくことは重要です。

    少々の沈黙があっても構いません。「お相手の女性に自分がどういう人間なのか知ってほしい」そして「お相手の女性がどのような方なのか知りたい」という前向きな気持ちがお相手に伝われば大丈夫です。

    お相手の女性も、男性側に「ずっとしゃべって自分を楽しませてほしい」とは考えていません。お相手の男性が、自分をちゃんと受け止めてくれようとしているのかを女性は見ています。そこが重要です。

    ですから「場を盛り上げなくては」とか「女性を楽しませなくては」などと焦る必要はありません。むしろ、そう考えて必死になって会話したとしても、女性はその必死さに逆に引いてしまう可能性もあります。

    無理をしていると、それが相手にも伝わるものです。無理をする必要はありません。自然体でいいのです。落ち着いて自分がどのような人間なのかを、丁寧にお相手に伝えていきましょう。

    聞くことも大切

    聞くことも大切

    男性は「自分が女性をリードしないといけない」と思うあまり、必死で次々と自分の話をしてしまいがちです。あるいは、逆に質問事項をいっぱい頭に入れておき、お相手の女性に対して質問攻めにしてしまう方もいます。

    重要なのは、女性とお見合いしている間、会話が途切れないことではなく、お互いが今後の人生をともに生きていけるお相手かどうかを知ることです。ですから、ゆっくりと自分の話をしたり、お相手の女性に聞きたいことを質問したりしていきましょう。

    最初は、簡単に自己紹介から始めるといいです。どんな仕事をしていて趣味は何なのか、などについてゆったりとした気持ちでお相手に話してみましょう。

    お相手の女性によっては、あなたの自己紹介についていろいろ質問してくるかもしれません。その場合は、笑顔で正直に答えていけば大丈夫です。

    また、お相手の女性が逆に無口な場合は、自分から質問をしていきましょう。たとえば「お仕事はどんなことをされているのですか」とか「趣味はお持ちですか?」など、自分が自己紹介した内容を逆に質問していくといいです。

    お相手が答えているときは、笑顔で軽くうなずきながら聞いてあげると、女性も「この人は私の話をちゃんと聞いてくれている」と安心します。そして、その答えの中で何かもっと聞きたいことがあったら、質問してみましょう。女性も「自分の話に興味を持ってくれている」と感じてうれしくなるはずです。

    持ちネタをいくつか持っておく

    持ちネタをいくつか持っておく

    初対面の女性と話すとき沈黙が怖いという男性は、ぜひ、いくつか「持ちネタ」を準備しておきましょう。たとえば、自分の趣味が旅行だったとします。その場合、旅行に行ったときのいくつかのエピソードを持ちネタにするといいです。

    「旅行先でこんな面白い出来事があった」とか「旅行でこんな悲惨な失敗をした」など、女性がクスッと笑えるようなネタをいくつか用意しておきます。お見合いは、毎回、違う女性と会うのですから、決まったネタがいくつかあればそれを毎回使うことができます。

    自分の話をしていきながら「そういえば、こんなことがあったんですよ」と笑いながら話せるネタがいくつかあると心強いです。自分の人生を思い返して、女性にウケそうなエピソードがないか考えてみましょう。

    トーク番組に出る芸能人は「ネタ帳」を持っていて、ネタになりそうな話はどんどん記録しておいたりするそうです。ですから、お見合いのときのために、お相手に笑ってもらえそうなネタをいくつか箇条書きにしてメモし、覚えておくと安心です。

    話し好きな女性の場合はとにかく聞くことに徹する

    話し好きな女性の場合はとにかく聞くことに徹する

    また、お相手の女性の中には「自分の話を聞いてほしい」という気持ちが強い方もいます。そういう場合は、お相手の気が済むまで話をさせてあげましょう。話すのが苦手な男性にとって、このようなタイプの女性は逆に気がラクかもしれません。

    ときどき相槌を打ったり、楽しそうに笑ったりしながら聞いてあげると女性は喜びます。こういうケースでは、ひたすら聞くことに徹すれば大丈夫です。

    ここで重要なのは、この話し好きな女性の話があなたにとって楽しいかどうかということです。相性がよければ、あなたはきっとその女性と一緒にいて楽しいでしょう。無口な男性と話し好きな女性というのは意外と相性がいいものです。

    周囲を見回しても、そのようなご夫婦は多いのではないでしょうか?夫婦というのは、お互いに自分が持っていないものを持っている人に惹かれるものです。そして、その方がうまくいくことが多いです。

    ですから、その女性と話しながら自分が楽しんでいるかどうかをチェックしてみてください。逆に、どんなに話し上手な女性でも自分がその話を聞いていて「つまらないな」と感じるなら相性がいいとは言えません。そこをしっかりチェックしておきましょう。

    相性がいいと意外と話が弾むものである

    相性がいいと意外と話が弾むものである

    どんなに無口な男性であっても、自分と相性のいい女性と出会うと意外と話が弾むものです。今まで何回お見合いしてきて、ずっと話すのが苦手だと感じていたのに、なぜかこの女性と一緒だと話ができる…そのような体験をする方は少なくありません。

    そして、そういう女性と出会うと不思議なことにスムーズに結婚へと進んでいくことが多いです。運命のお相手に出会うと、スッと結婚につながるのです。こういうときに縁というものの不思議さを感じさせられます。

    ですから「無口で話し下手だから、自分はお見合いに向いていない」などと卑下することはありません。相性のいいお相手に出会えたなら、不思議とうまくいきます。重要なのは、いろいろな女性と出会ってみることです。

    出会うことに臆病になっていては、運命のお相手にも出会えません。将来、自分がしあわせになるためにも、ちょっとだけ頑張って努力してみましょう。

    まとめ

    まとめ

    今回は「お見合いで初対面の女性とうまく話せないのでは?」という不安を抱えている男性のために対策法をご紹介してみました。沈黙が怖いと思っている男性も、ぜひ、勇気を出して結婚へ向けて第一歩を踏み出していきましょう。

    ひとりでは不安だという場合は、頼もしい結婚カウンセラーがいる結婚相談所を選べば安心です。たとえば、結婚相談所「IBJメンバーズ」は結婚カウンセラーの質がいいことで人気です。

    とりあえず、 無料カウンセリング で結婚カウンセラーがどのくらい頼もしいのかを実感してみましょう。アドバイスしてくれるサポーターがいると、安心して婚活できます。ぜひ、勇気を出してみてくださいね。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。