婚活パーティーに男性が参加して、成果が得られる場合と得られない場合とは?

婚活パーティーに男性が参加して、成果が得られる場合と得られない場合とは?

婚活パーティーは、男女の出会いの「きっかけ」として有意義なものですが、その後どのような展開が待っているかは「参加者次第」です。

「良い出会いになった」という参加者もいれば、「何度婚活パーティーに参加しても良い出会いにつながらない」と嘆く参加者もいます。しかし、それは全て「自分次第」なのです。

そして、婚活パーティーに参加する女性もまた、「できれば良いお相手を」と思っていますので、自分だけが「良い」と思っていても、発展的な出会いにはつながりません。

今回は、男性が婚活パーティーに参加して、成果が「得られる場合」と「得られない場合」の理由と対策をご紹介します。

目次

    婚活パーティーは、実はハードルが高い

    婚活パーティーは、実はハードルが高い

    婚活パーティーは出会いのきっかけとしては有意義ですが、一方で、実はとてもハードルが高い婚活方法なのです。

    なぜなら、参加者が多数いますので、最もライバルを意識してしまうことがデメリットといえるでしょう。

    多くの参加者たちの中でも「埋もれない魅力を持っている男性であること」が必要ですが、そもそもそんな魅力があれば、婚活パーティーに参加せずとも良いお相手と出会うことができるかもしれませんよね。

    実際、婚活パーティーの「実情」というのは、期待を上回るような出会いがないまま会場を去る男性が圧倒的に多いと聞きます。

    また、婚活パーティーに参加している女性たちの多くは、「将来を見据えた現実的な視点」を持って参加しています。お相手のお人柄はもちろんですが、その後の生活を考えた時、将来の結婚生活を左右する「パートナーの経済力」こそ、重視している傾向が強いといわれています。

    そのため、婚活パーティーでは外見や人柄、経済力のある男性に人気が集中します。

    表向きでは「出会いのきっかけに」と、気軽な雰囲気で開催している婚活パーティーですが、実際には「人柄」や「経済力」が問われてしまいますので、コミュニケーションを得意とする会社員の方でないとなかなか選ばれないというのが特徴です。

    また、婚活パーティーの参加者はランダムです。もっと分かりやすく言えば「運」です。

    もしかしたら自分の希望通りのお相手がいるかもしれませんし、自分が全く興味を持てない女性参加者もいる可能性があります。ある程度、婚活パーティーのテーマやカテゴリーを絞ることで、自分の求めているターゲットに近い参加者に出会うことはできますが、誰かが自分の婚活をサポートしてくれるわけではありません。

    婚活パーティーとは、「ある程度の会話やコミュニケーションをとれる異性と時間を確保してくれるだけ」で、その後は全て自分たち次第なのです。

    女性に慣れていて、女性とのコミュニケーションに自信がある男性であれば良いのですが、女性に慣れていない男性の場合、会話の時間だけをもらっても上手くコミュニケーションがとれず、結局どの参加者とも話が噛み合わず、出会いのきっかけになるどころか、自己嫌悪に陥るケースも珍しくありません。

    このような時間を過ごしたとしても自分自身の経験値には全くなりません。きっと、次の婚活パーティーでも同じようなことを繰り返すことになってしまい、「結局出会えない」と嘆く結果になる男性が多いわけです。

    婚活パーティーはあくまでも「出会いのきっかけ」を提供してくれる場所

    婚活パーティーはあくまでも「出会いのきっかけ」を提供してくれる場所

    婚活パーティーの開催者は、あくまでも婚活パーティーの「開催」がお仕事です。

    その為、その後参加者がお付き合いをしたり、結婚に至ったりというところまで見守ってくれるわけではありません。

    基本的に、既定の参加者数以上が集まれば、その婚活パーティーは開催することができますので、カップルに「なる」・「ならない」というのは問題ではありません。

    婚活パーティー開催者は、「出会いのきっかけ」こそ、保証してくれますが、その後の行く末というのは、自分たちで信頼関係を築いていくしかありません。

    ですから、婚活パーティーに参加する場合は、その僅かな時間をより有意義に過ごす為に事前準備が必要です。その準備ができるか否かで、結果が変わってくると言っても過言ではないでしょう。

    冷静に婚活パーティーを考えてみよう

    冷静に婚活パーティーを考えてみよう

    このように、冷静に婚活パーティーを考えると、決して多くのメリットがある訳ではないことが分かります。

    現実的に考えて、自分で何とかできる人であれば婚活パーティーに参加せずとも、異性といい出会いやいい関係になることができるでしょう。

    しかし、会社と自宅の往復のみで「日常生活の中では出会いがない男性」かつ、女性とのコミュニケーションに慣れている男性であれば、婚活パーティーに参加することで自分に合う女性と上手く距離感を縮め、良い出会いを果たすことができる可能性が非常に高いです。

    しかし、女性に慣れていない男性の場合は、誰もサポートしてくれない婚活パーティーに参加したところで結局何もできず、いたずらに時間と参加費用を消費して終わってしまうというパターンが多いのです。

    婚活はサポートがあった方が良い?

    婚活はサポートがあった方が良い?

    婚活パーティーが時間の無駄だと言うつもりはありませんが、現実的に婚活パーティーを活かせている人が少ないのも事実です。

    かといって、他に当てがある訳でもないため、無駄に婚活パーティーに参加しては連敗を繰り返しているだけの男性も多いのです。そのような男性は、一人で立ち向かう婚活パーティーに参加するよりも、結婚相談所に入会する方がオススメです。

    なぜなら、結婚相談所は自分に合った女性との出会いや交際、中には、結婚に限りなく近い「婚約」という段階まで、丁寧にサポートしてくれる結婚相談所もあるからです。

    婚活パーティーに参加を繰り返す男性が、結婚相談所を利用するメリットとは

    婚活パーティーに参加を繰り返す男性が、結婚相談所を利用するメリットとは

    「結婚相談所」と聞くと、「古臭いサービスだ」と感じる男性もいるかもしれません。

    しかし、名称はどうであれ、「自分の結婚に向け、親身になってサポートしてくれる存在がいる」という視点で考えると、闇雲に婚活パーティーに参加するよりも結婚相談所に入会した方が絶対オススメです。

    結婚相談所の場合は、自分の希望条件に合った女性やおすすめの女性を紹介してくれるだけではなく、女性とどのように距離を縮めていけばよいのかも様々アドバイスしてくれるのです。

    婚活パーティーに何度も繰り返し参加するよりも、自分という存在と向き合って、自分が次に何をすれば良いのかまでしっかりとサポートしてくれる結婚相談所の方が、結婚願望のある男性には適した婚活方法といえるでしょう。

    そう、結婚相談所には「結婚カウンセラー」という存在がいます。

    結婚カウンセラーは、自分に合った結婚までの「婚活プラン」を具体的に教えてくれるので、その婚活プランやアドバイスに沿って自分のできる行動をしていくことで、次第に「結婚というゴール」が見えてきます。

    対して、婚活パーティーの場合は、何十回、何百回と参加したところで、誰かがアドバイスやサポートをしてくれるわけではありません。自分で切り拓いていく婚活方法になります。

    まとめ

    まとめ

    婚活パーティーでは、マッチングしない理由がわからないまま、次の婚活パーティーに参加を繰り返してもなかなかいい出会いにはつながりません。

    婚活パーティーへの参加を繰り返すよりも、「自分が結婚するためには次に何をすべきなのか」まで、しっかりとアドバイスしてくれる結婚相談所の方が、より「確かな」結果を得られるのではないでしょうか。

    近年は、婚活の 「無料カウンセリング」 を行っている結婚相談所も多いので、まずは気軽に参加してみるのが良いでしょう。

    今、自分が何をすべきなのか、丁寧に教えてくれるはずです!

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    お電話でのお問い合わせはこちら

    お申し込み、ご相談もお気軽にどうぞ

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。