結婚の平均年齢って何歳くらい?男性は40歳までに結婚するべき?

結婚の平均年齢って何歳くらい?男性は40歳までに結婚するべき?

男性も40歳近くになると「自分もそろそろ結婚しないと」と考え始めることが多いようです。たとえば、2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、男性の平均初婚年齢は31.1歳なんだそうです。つまり、多くの男性は30歳前後で結婚しているということになります。

ただ、男性の場合、女性に比べると結婚に対しては比較的のんびりしている方が多いのではないでしょうか?「自分で稼いだお金を自由に使いたい」とか「趣味が楽しくて結婚には今のところ興味がない」などの理由で、独身生活を満喫している男性も少なくありません。「結婚の平均年齢なんて関係ない」と考えて、マイペースに人生を歩んでいる男性もいます。

その一方で、男性も50代になると俄然、結婚に前向きになるケースが多いようです。目の前に、現実問題として退職や老後などが見えてくると、ひとりで人生を生きていくことに不安を感じるのでしょう。

ただ、残念ながら男性も50代になると、よほど条件のいい男性でないと結婚相手を見つけられません。できれば、そうなる前に早めに結婚しておいた方が安心かもしれませんね。

そこで、今回は、結婚の平均年齢を過ぎて少し結婚を考え始めた男性の場合、今後、結婚に対してどのように向き合っていけばいいのかについて一緒に考えてみたいと思います。

目次

    結婚の平均年齢は時代によって変わっている?

    結婚の平均年齢は時代によって変わっている?

    日本人の平均結婚年齢は、時代によってどんどん高くなってきています。厚生労働省が発表した「平成25年版厚生労働白書~若者の意識を探る~」を参考にしてみると

    1950年……男性:25.9歳・女性:23.0歳
    1980年……男性:27.8歳・女性:25.2歳
    2012年……男性:30.8歳・女性:29.2歳

    と、どんどん結婚の平均年齢が上がっているのがわかります。たとえば、1900年代では、結婚すべき年齢のリミットを「女性はクリスマスケーキ・男性は大晦日」というフレーズで表現していました。つまり、結婚の平均年齢は女性が25歳、男性は31歳でその年齢を過ぎると一気に「結婚適齢期を逃した人」と認定されてしまう時代だったのです。

    しかし、その後、女性の社会進出がどんどん進むにつれてだんだんと結婚の必要性を感じない女性が増えてきました。同時に、正社員としての雇用が減り、昔に比べると安定した生活が望めない男性が増加することによって男女とも結婚を急がないことが多くなってきたのです。そして、現在も男女ともに晩婚化がどんどん進んでいます。

    結婚は早い方がいい?それとも急がなくても大丈夫?

    結婚は早い方がいい?それとも急がなくても大丈夫?

    そんな時代の変化によって、親世代も昔に比べれば平均結婚年齢などは気にせず、あまり「早く結婚しなさい」とは言わなくなったようです。ただ、だからと言って「一生結婚しない」という決意している方もそんなに多いわけではないでしょう。

    多くの独身の男性や女性は「いつかは結婚したいけれど、別にそんなに急がなくてもいい」と考えて、結婚の平均年齢などを気にせず、自然な出会いがあるのを待っていることが多いです。ただ、ここで大きな問題として考えなければならないのが「子供は早く結婚したほうが授かりやすい」という現実です。

    特に、女性はこの事実について男性が思っている以上に真剣に考えています。女性の身体は若ければ若いほど妊娠しやすいと言われています。ですから「子供が欲しい」と考えるなら結婚はできるだけ早くすることをおすすめします。

    しかも、子供を育てていくにはお金や体力も必要となるので、そういう意味でも結婚は早い方が子育てには有利です。これは、女性だけの問題ではなく、男性も早く子供を授かることによって将来の人生設計を早めに立てることができます。そして、それに必要なお金を貯蓄していくことができ、堅実な人生を送ることができるでしょう。

    「子供を理由に早く結婚したいとは思わない」と考えている場合は?

    ただ、独身の男性や女性の中には「子供を理由に結婚を急ぎたいとは思わない」と考えている人もいます。確かに、それもひとつの選択肢と言えるでしょう。しかし、不思議なことに多くの人は結婚すると自然と子供が欲しいと考え始めるようです。

    やはり、周囲の結婚しているご夫婦が子供と一緒に幸せそうに暮らしているのを見ていると自分たちも子供が欲しいと考え、妊活を始める人も少なくありません。そう考えると女性はできるだけ早く婚活を始めて、子供が授かりやすい年齢で結婚した方がいいでしょう。現代ではせっかく婚活をして結婚できても、その後、また妊活という新たなハードルに苦しむ女性もいます。

    ところで、一方の男性の方はのんびりしていていいかというとそうでもありません。やはり、子供を授かりやすい年齢の女性と結婚しようと思うなら、男性も若いほうが有利です。

    男性の中には50代後半になって婚活をはじめ「子供が欲しいから若い女性と結婚したい」と希望する方がいます。50代後半でも高年収であるなど、条件のいい男性なら若い女性と結婚できる方もいないわけではありません。しかし、女性も子供が成人したときに、夫がすでに高齢者になっているということを考えると、なかなか前向きには考えづらいでしょう。

    早く結婚することで将来の人生設計が立てやすくなる!

    早く結婚することで将来の人生設計が立てやすくなる!

    ですから、男性が婚活を始める年齢もできるだけ早い方が理想的です。早く婚活を始めることによって多くのメリットがあります。具体的に挙げると

    1.若い女性と結婚できる可能性が高い
    2.人生設計が早く建てられて家のローンなども早く組むことができる
    3.自分の条件に合う人を見つけやすいので、余裕を持ってお相手探しができる

    などです。男性の多くはできるだけ若い女性と結婚したいと考えています。その方が女性も妊娠しやすいですし、本能的にそういう女性を探してしまうのでしょう。ただ、女性側も同じように、できるだけ年齢の近い若い男性と結婚したいと考えているケースが多いです。

    もちろん、高年収で条件のいい男性なら40代で20代の女性と結婚することも可能です。20代の女性の中には、あえて高年収で安定した生活をさせてくれる40代男性との結婚を望む女性もいます。

    しかし、高年収であるなど突出した好条件をアピールできない男性の場合は、人柄や若さ、家事能力の高さなどをアピールしていくことが重要となってきます。そう考えると、男性もできるだけ若いうちに婚活を始めた方が結婚できる確率は格段に高くなります。

    女性のシビアな希望条件をクリアしていくための対策とは

    女性のシビアな希望条件をクリアしていくための対策とは

    男性も40歳を目前にすると「そろそろ結婚をして、くつろげる場が欲しい」と考え始めることが多くなるようです。しかし、女性が男性に希望する条件は男性が思っている以上にシビアだったりもします。高年収であることはもちろん、性格のよさや年齢が近いことなどさまざまな希望条件を提示していることが多いです。

    そんな女性のシビアな条件をクリアして婚活を成功させるのは、意外と大変かもしれません。婚活を始めてみたものの、現実として女性側の男性に対する希望条件の高さに驚く男性もいるでしょう。

    そんなときに頼りになるのが結婚相談所のメインカウンセラーです。結婚相談所の結婚カウンセラーは、今まで多くの女性の婚活相談にも乗っています。ですから、女性がどのような男性を好み、どのようにお相手選びをしていくのかについても詳しいプロです。

    そんな多くのデータを頭の中に入れているメインカウンセラーのアドバイスを聞いて「自分がどのような女性に好まれやすいか」とか「自分に合う女性のタイプはどのようなタイプか」を知っていきましょう。自分で考えるよりも経験豊富であなたのことを客観的に判断してくれるメインカウンセラーのアドバイスに従った方が、スムーズに結婚につながりやすくなります。

    まとめ

    まとめ

    今回は、結婚の平均年齢を取り上げながら、現在の結婚事情や結婚するための対策などについてご紹介してきました。結婚の平均年齢に必要以上にこだわる必要はありませんが、ひとつの目安となるでしょう。

    もし、現在「いつかは結婚したいけれど、まだまだ大丈夫」と考えている方がいるなら、少し立ち止まって真剣に今後の自分の人生設計を考えてみた方がいいかもしれません。今はそれでよくても、自分が50代後半になり退職も迫ってきたとき、ひとりでいると不安になり始める可能性もあります。

    ぜひ、早めに婚活を始めて将来の人生設計を確かなものにしていきましょう。たとえば、結婚相談所「IBJメンバーズ」なら、信頼できる結婚カウンセラーによって無料カウンセリングを受けることができます。結婚カウンセラーは、あなたが「いつまでにどのようなお相手と結婚したいか」などを真剣に聞いて、適切なアドバイスをしてくれます。

    ネットで簡単に予約できるので、現在の不安や悩みを気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。