結婚の費用ってどのくらい必要?平均的な結婚準備資金の金額とは

結婚の費用ってどのくらい必要?平均的な結婚準備資金の金額とは

20代後半の男性の場合、結婚はまだちょっと先のことに感じられることも多いのではないでしょうか?ただ「いつかは、自分の希望条件に合う若い女性と結婚したい」と考えている男性なら、20代から結婚資金や婚活費用などを準備しておくことをおすすめします。

自分が30代になって「いざ婚活しよう」と考えた時に、結婚するための資金があると婚活を有利に進めることができます。理想の女性と結婚したいなら、できるだけ20代から結婚や婚活に必要な費用を準備しておきましょう。

そこで、今回は結婚や婚活をするうえで、自分の希望条件通りの女性と結婚するために、どれくらいの費用や資金があれば有利なのか調べてみました。

目次

    自分の希望条件にピッタリの女性と結婚したいあなたに!

    自分の希望条件にピッタリの女性と結婚したいあなたに!

    現在、恋人はいないけれどいずれは自分の理想の条件にピッタリの女性と結婚したいと考えている男性もいるはずです。また、たとえ現在彼女がいても「家庭的な女性ではなく結婚相手としては考えられない」とか「美人だけれど何となく価値観が合わないような気がする」など、結婚相手としては考えていないケースもあるでしょう。

    それでも、いつかは自分の希望通りの女性と出会って幸せな結婚ができると最高ですよね。ただ、結婚というのは縁やタイミングも重要で、なかなか自分の思い通りにならないことも多いです。

    たとえば、男性の場合「仕事が忙しくて結婚なんて考えられない」という時期もあるでしょう。そんなときには、素敵な恋人がいてもなかなか結婚まで進められないものです。

    そして、あなたの仕事が一段落して「そろそろ結婚して落ち着きたい」と考え始めたころには、逆に、周囲に結婚したいと思える女性がいない可能性もあります。そんなときには、結婚相談所を利用して婚活すると自分の希望条件に合う女性と出会いやすくなります。

    理想の結婚をするためにはやはりそれなりのお金を貯金しておくことが大切!

    理想の結婚をするためにはやはりそれなりのお金を貯金しておくことが大切!

    いつか、自分の理想の女性と結婚したいという気持ちがあるなら、20代からある程度の結婚の準備資金や婚活の費用を貯めておくといいでしょう。女性は、やはりある程度、男性を条件で選ぶ傾向があります。ですから、あなたがしっかり結婚生活に必要な資金を貯めていくことで、自分の希望条件にピッタリの女性にアプローチしやすくなるのです。

    また、婚活をするにしても「若くて容姿のいい女性」など自分の希望するタイプの女性と結婚するためには、ある程度の費用が必要となります。つまり、自然な出会いであっても婚活をした上での出会いであっても、スムーズに結婚につなげていくにはそれなりのお金を貯金しておくことが重要です。

    結婚の準備資金ってどのくらい必要なの?

    結婚の準備資金ってどのくらい必要なの?

    そこで、まず気になる結婚資金ですがたいていの場合、次のようなことに費用がかかります。

    1.婚約指輪や結納

    2.結婚式や披露宴

    3.新婚旅行

    4.新居の準備

    カップルによっては、この中のいくつかを省いてしまうケースもあります。しかし、きちんとした手順を踏んで結婚したいと考える方にとっては、このようにかなりの資金が必要となります。

    具体的な額を挙げると、最低でも結婚資金として300万円は必要です。自分の希望通りの結婚式や披露宴を挙げたいなら、さらに結婚資金の必要額はアップします。ちなみに、結婚全体にかかる総費用の平均額は450万円前後と言われています。

    新居の準備費用だけでも意外とお金がかかるものです。婚約指輪なども高価なものを選べば、さらに費用はかかりますし、結婚式や披露宴も高級感のあるものにするためにはそれなりの資金が必要となります。結婚式や披露宴ではご祝儀ももらえますが、ご祝儀だけではまかなえない場合も多いです。

    結婚相手の女性が、婚約指輪や結婚式、披露宴などにこだわりや夢を持っている場合は、できるだけそれをかなえてあげたいですよね。さらに、新婚旅行や新居なども女性によっては、それなりのグレードのものを望む場合もあります。

    自分の理想の結婚相手に出会えた時に備えて、彼女の希望をかなえて満足させてあげられるくらいの結婚資金は貯金しておきたいものです。

    自分の理想の結婚相手を探すには、婚活費用ってどのくらい必要?

    自分の理想の結婚相手を探すには、婚活費用ってどのくらい必要?

    自分が結婚したくなったとき、必ずしも結婚相手としての理想に合う女性が周囲にいるとは限りません。そんなときは、婚活したほうが早く自分の希望条件に合う結婚相手に出会いやすくなります。

    30代以降の男性が20代の女性との結婚を望む場合は、エクゼクティブプランで婚活するとスムーズに希望のお相手に出会える可能性が高いです。たとえば、結婚相談所 IBJメンバーズでは成婚率が高まる「ハイスペック男性限定特別婚活プラン」などが用意されています。

    ただ、このプランには入会資格があって、おおむね「30~44歳くらいの男性で年収600万円以上 or 上場企業勤務 or 公務員」であることが条件です。このプランで婚活すると「ハイスペック男性」として人気となり、女性からのお見合い申込みが約1.4倍となります。

    つまり、出会いのチャンスが増えて自分の理想のお相手と出会いやすくなるんですね。そして、それだけ成婚率も高くなります。しかも、女性から人気の高い条件なので効率的に婚活を進めやすいため、このプランは通常コースよりも格安になっているのもうれしいです。

    「ハイスペック男性限定特別婚活プラン」の条件に合う男性は、ぜひ、このプランで入会することをおすすめします。格安な費用で希望条件に合う女性に出会いやすくなるので、かなり有利に婚活を進めていくことができます。

    20代の女性にも特別な婚活プランがある?

    20代の女性にも特別な婚活プランがある?

    実は、結婚相談所の中には20代女性のための特別婚活プランがある所もあります。たとえば、結婚相談所 IBJメンバーズの場合は「入会資格が29歳以下の女性限定」という20代女性に特化した「U-29プラン」プランがあります。この20代女性のための特別婚活プランで婚活すると活動サポート費が少しだけ安くなるのでおすすめです。

    20代であまり婚活にお金をかけられないという女性にとっては、費用が安くなる20代のための特別婚活プラン「U-29プラン」は助かります。

    20代女性に有利なプランがあると、会員の中に20代女性の割合が高くなります。ですから、若い女性と結婚したい男性には、20代女性に有利なプランがある結婚相談所は魅力的です。

    自分の理想の結婚をするためにも20代から結婚資金を貯めておこう

    自分の理想の結婚をするためにも20代から結婚資金を貯めておこう

    結婚するためには、思った以上に結婚資金が必要なことがおわかりいただけたでしょうか?理想のタイプの女性と結婚したい男性は、ぜひ、20代から結婚資金を貯金するなど結婚に向けて備えをしておきましょう。

    結婚の費用を準備しておくことで、いざ、結婚したい女性と巡り合えたときにスムーズに結婚に進めます。実は、女性側もお相手の男性がどのくらいお金を貯金しているのかは気になるところです。

    もし、それなりの貯金があると知れば、あなたに対する信頼感も増します。そして、いざ、プロポーズしても快く承諾されやすくなります。結婚したい女性が現れたときに、お相手を安心させられるだけのお金はぜひ貯めておきたいですね。

    まとめ

    まとめ

    今回は、お金の話なので少しシビアに感じた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分の理想の結婚をするためには、結婚資金や婚活費用などを20代から準備しておくことが大切です。

    「結婚なんてまだまだ先のことだから」と備えをしないでいると、いざ、結婚をしようと考えたときに後悔してしまうでしょう。

    また、婚活する場合、結婚相談所 IBJメンバーズの男性向け「ハイスペック男性限定特別婚活プラン」や女性向け「U-29プラン」を利用するとほかのプランより費用が抑えられるのでおすすめです。

    これらのプランの条件に当てはまる方は、ぜひ、活用して有利な条件で婚活を進めていきましょう。自分が想像していたより、ずっとスピーディーに素敵なお相手に出会えるかもしれません。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。