結婚したくない男性が増えている?向いてない!怖いから無理!興味ないからどうでもいい!ストレスになるなどが理由

結婚したくない男性が増えている?向いてない!怖いから無理!興味ないからどうでもいい!ストレスになるなどが理由

現在「ソロ社会」という言葉が生まれるくらい、男性も女性も結婚に後ろ向きの独身者が増えています。そのため、ある調査では2035年には人口の半分が独身者となるというデータもあるそうです。

特に、男性の場合は「ソロ活動系男子」と呼ばれる通称「ソロ男」が増加中なんだとか…。なぜ、こんなに結婚したくない男性が増えているのでしょうか?

たとえば、結婚したくない男性の中には「結婚が向いてない」とか「結婚することが怖い」「結婚自体、無理!」「結婚に興味ないし、どうでもいい」「結婚すること自体がストレス!」などと感じている方もいるようです。

そこで、今回はなぜ結婚をしたくない男性が増えているのか?その原因について調べてみました。

目次

    結婚したくない男性が増加している理由とは?

    結婚したくない男性が増加している理由とは?

    基本的に男性は、女性に比べて結婚願望は比較的弱いと言われています。そして、現代ではそれにさらに拍車がかかってきているのだとか…。その理由には個人差がありますが、大きく分けると次のようなことが原因となっているようです。

    1.結婚に対しての周囲からの圧力が昔に比べて弱くなってきた

    昔は「男性は結婚して一人前」と言われ、結婚しないと社会から認めてもらえない風潮がありました。だから、男性も周囲から認められるために結婚して一人前の人間として扱われようと頑張ってきた部分があります。

    しかし、今の20代~30代の男性の場合、親の世代が結婚を急ぐことにそんなに熱心ではなかった世代です。ですから、自分自身の経験から親の中に「結婚はそんなに急がなくてもいいんじゃない」と考える方もいます。

    男性はどちらかというと周囲からの圧力がないと、結婚する気にならない場合も多いので周囲から何も言われないと結婚しないまま過ごしてしまいがちになってしまいます。

    2.自分が稼いだお金を全部自分で使いたい

    昔は「男性が稼いだお金で家計を支える」という家庭の形が多数派を占めていました。しかし、だんだん女性が社会に進出していくにつれて、家計における男性の責任の比重も軽くなってきたのです。すると、それにともなって男性の中には「どうして自分が働いて得たお金を他人のために使わないといけないのか」と考える方も増えてきたようです。

    独身であれば、自分で稼いだお金は丸々自分のために使えます。逆に結婚すると、今後はお小遣い制になるなど、自分の自由になるお金が減ってしまうことを嫌がる男性が多くなっています。

    3.自分の自由を束縛するから結婚には興味ない

    また、自分の性格からして「結婚してひとりの女性とずっと一緒に暮らすなんて無理!」と考える男性もいるようです。「ひとりの女性と結婚して縛られるのはストレスになる」と感じて結婚なんてどうでもいいと思ったり「結婚という制度自体に興味ない」と結婚制度自体を否定したりする男性もいます。

    さらには、モテるタイプの男性の中には「独身でいればさまざまな女性と付き合えるから結婚はしたくない」とはっきり答える方もいるほどです。ほかにも「潔癖な性格なので自分の生活スタイルを乱されるのが怖いから結婚は無理」と考える男性もいます。

    結婚は本当にマイナスばかりのことなのか?

    結婚は本当にマイナスばかりのことなのか?

    結婚したくないという男性たちの理由を調べてみると、結婚のマイナス面ばかりが取り上げられているようです。しかし、その一方で結婚して幸せそうに暮らしているご夫婦もいます。そこで、結婚したくない男性たちがよく口にする理由を挙げて、それぞれ本当にそうなのかについて考えてみましょう。

    ●自分は結婚に向いてない

    結婚には、実は「向いている人」「向いてない人」がいるわけではありません。一見、家庭的に見える男性であっても、結婚後、結婚生活がうまくいかない場合も少なくないのです。その理由は、結婚にとって一番重要なのが「相性」だからです。

    結婚は相性さえよければ、どんな男性でも幸せな結婚生活が送れます。結婚に向いてない男性というのは存在しません。

    ●結婚するのが怖いから無理

    「自分は人見知りで女性と接するのも苦手!だから、女性と一緒に暮らすなんて怖いから無理」と感じる男性もいるようです。しかし、無口で他人と一切話をしないタイプなのに、なぜか幸せな結婚をしている男性ってあなたの周囲にいませんか?

    相性さえよければ、どんなに人見知りの男性でも幸せな結婚ができます。「怖い」とか「無理」などと最初から決めつけてしまうと、人生において損をしてしまうかもしれません。

    ●結婚して他人と一緒に住むのがストレス

    自分はひとりの時間が好きで、きれい好きだから自分の大切なテリトリーを他人に荒らされるのがストレスになると考える男性もいるようです。しかし、不思議なものでそんなことを言っていた男性が、ある日突然「この女性がいないと生きていけない」と思う人に出会ってすぐに結婚したりします。

    「いままでひとりの時間が大好きだったけど、なぜか彼女なら一緒にいても嫌じゃない」とか「他人に部屋を荒らされるのが嫌だったけど、彼女だとなぜか許せてしまう」という不思議な現象が起こるのが相性の神秘的な所です。本当に相性のいいお相手と巡り合えると結婚はストレスではなく、幸せな出来事へと変化していきます。

    ●結婚自体に興味ない

    「そもそも、何の魅力もメリットも感じないので昔から結婚に興味ない」という男性もいます。確かに男女を問わず「結婚自体に興味ない」という方は、一定の割合でいるようです。しかし、そう言っていた人がその後も独身を貫き続けているのかというとそうでもありません。

    むしろ「結婚に興味ない」と言っていた方に限って、ある日突然「一緒にいると幸せを感じる」お相手に出会って自然な流れで結婚してしまったりします。結婚や縁というのは本当に不思議なものです。

    ●結婚なんてどうでもいいと考えている

    多くの人が「結婚、結婚」と騒いでいるのを醒めた目で見ているタイプの男性もいます。こういうタイプの方は、結婚なんて人生においてどうでもいいことなのに、なぜ、みんな結婚のことであんなに必死になるのか理解できないと感じているようです。

    確かに、結婚はしてもしなくてもどちらでもいいものです。ですから「結婚なんてどうでもいい」と感じる方がいても自然なことと言えるでしょう。ただ、お相手によっては「その方と結婚をしないよりは、した方が絶対に幸せになれるパートナー」というのは存在します。ある日、突然、そんなお相手に出会えたなら、きっと、その日から結婚はどうでもいいものではなくなるはずです。

    子どもが欲しくなったり老後のことが心配になったりしたときは?

    子どもが欲しくなったり老後のことが心配になったりしたときは?

    「結婚したくない」と考えて独身を貫くのもひとつの生き方です。ただ、実は、結婚願望がないまま50代後半を迎えた男性が、急に「やはり子どもが欲しい」と思い始めたり、老後ひとりで生きていくことへの不安を感じ始めたりするケースも少なくありません。

    今は順風満帆に過ぎている人生も、いつ、どこで自分の考えや状況が変わってしまうかは未知数です。今現在は「結婚なんてどうでもいい」と考えていても、人生にはいろいろな変化があることを心の片隅で覚えておくことも大切かもしれません。

    まとめ

    まとめ

    現在、結婚願望がなく「結婚はしたくない」とか「自分は結婚に向いていない」と感じている男性もいるはずです。あるいは、結婚を怖いから無理と感じたり、ストレスに感じたりする男性もいるでしょう。

    もともと「結婚に興味ない」「結婚なんてどうでもいい」と考える無関心タイプの男性もいます。ただ、いつか自分が年齢を重ねたときに「結婚していたらもっと幸せな人生になっていたのではないか」と後悔することもないとは言えません。

    現在、結婚したくないと考えている男性も、ふとしたきっかけで結婚に興味を持ち始めることもあるはずです。そんなときは、結婚相談所「IBJメンバーズ」の無料カウンセリングを受けてみましょう。経験豊富な結婚カウンセラーが、あなたの結婚観に耳を傾けながら幸せになるための生き方を一緒に考えてくれます。

    結婚カウンセラーのアドバイスが、あなたの人生に今まで考えてもみなかった新たなビジョンを与えてくれるかもしれません。

    キャンペーン

    あなたの婚活について、
    私たちと一緒に考えてみませんか? ぜひお気軽にご来店・ご相談ください。

    結婚相談所IBJメンバーズは、 新宿西口新宿南口銀座有楽町東京上野マルイ横浜大宮そごう名古屋
    大阪なんば神戸京都福岡 14店舗の結婚相談所を展開しています。

    東京証券取引所 市場第一部
    株式会社IBJは、東京証券取引所 市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)
    プライバシーマーク
    株式会社IBJは大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
    CMSマーク取得
    総合認証は会員数が一定数以上の相談所かつ、経済産業省のガイドラインに準拠していること、財務状態、教育体制、情報保護についての審査をクリアした認証です。