結婚相談コラム|結婚相談所IBJメンバーズ

婚活のプロが語る結婚相談コラム

出会いの面接官【2014/05/16】

結婚相談所IBJメンバーズ 神戸店 アドバイザーの 坪井です。

こんにちは。

今週は、34歳・男性のお話をさせて下さい。

神戸店のパーティーにご参加されて、お帰りの際にお声掛させていただきました。

彼は、研究・開発のお仕事で休日出勤もあったり、その他の休日も接待ゴルフ等があり、
本当に多忙な中で、婚活をしておられました。

4月に初めて私がパーティーの時にご挨拶させていただき、
ご都合のいい時があれば、無料カウンセリング致しますよと、お話いたしました。

それから2週間後に彼から無料カウンセリングをしてほしいとのメールをいただきました。

カウンセリング当日も午前中に仕事をされてからお越しいただいたとの事で、
本当にお忙しく大変なご状況だと思いました。

この多忙な彼の理想の女性像は、自分の仕事を理解して下さる方。

しかし、パーティーでは、ついつい面接官のようになってしまったり(笑)、
自分の話ばかりで、相手の話を聞く時間がなかったり、を繰り返してしまうとのこと。

その状況を変える為には、どうしたらいいのかということで、

IBJメンバーズのシステムならば、
「成婚までの経験と、実績がある専任のカウンセラーが担当となり、
会員さま、ひとりひとりに合わせた個別のフォローがありますので、
○○さんにとって近道だと思いますよ。」とお伝えいたしました。

その時に彼が、とてつもなくびっくりした顔をして、

「僕、今、なんでか分かりませんが、坪井さんの言葉で強烈な印象を受けました。」
と、仰いました。

私のどの言葉に強烈な印象を受けたのかお聞きしましたが、

その時はあまりにも強烈すぎて思い出せない(笑)とのことで、後日、彼からメールをいただきました。

『 お返事遅くなりました。先日はありがとうございました。

先日、僕が坪井さんの言葉で強烈な印象を受けた理由を思い出しました。

坪井さんが「我々には経験と実績がある。それを使ってください。それが、近道です。」
と、仰ったのですが、覚えていらっしゃいますか?

僕も仕事の中で後輩に

「僕らが経験したことを、君らは使っていけばいい。そうすれば、近道だ。」と、言ったんです。

自分で言ったことと、ほぼ同じ内容のことを他人から言われると、かなりインパクトがあり、説得力がありました。』

-------------

そして、後日、パーティーにお越しになった彼は
「誕生日までは自力で、パーティーで婚活をし、その後は近道をしようと思っています。」と仰っていました。

普段何気なく使っている言葉ですが、改めて思うと、

仕事も婚活もスムーズに進める為には、誰かにサポートしてもらう事が一番の近道なんですね・・・

今、自分がどのように進めているのか分からない方。近道の方法はいつでもお伝え致します。

お気軽にお越し下さいませね。

坪井

結婚相談アドバイザー  坪井(心斎橋店)

仕事のやりがい
婚活に悩んでいる方と、『本当の本音話』ができること。結婚に対するイメージや、問題点を理解して、解決方法がわかった時はとてもやりがいを感じます。

アドバイザーに相談する

最新の記事はこちら

小林

専任カウンセラーサポートとは?

結婚相談アドバイザー
小林(さ)

行武

自分に合うカウンセラーはいるのか?

結婚相談アドバイザー
行武

川上

IBJメンバーズのお相手紹介とは?

結婚相談アドバイザー
川上