結婚相談コラム|結婚相談所IBJメンバーズ

婚活のプロが語る結婚相談コラム

ともだち 【2014/09/04】

結婚相談所IBJメンバーズ 大宮店 アドバイザーの 設楽です。

時が経つのは早いものですね。

もう9月が始まりました。

毎年お正月の誓いに「結婚」や「寿退社」

七夕には「素敵な方に出会えますように」

そんなお願い事をずっと心に秘めて

「婚活」をしている方へ

とても仲の良い二人の女性のお話をさせていただきます。

 

おふたりと初めて出会ったのは 昨年の9月

28歳 年収は300万 事務職の可愛らしい おふたりです。

PARTY☆PARTY プチお見合いパーティーにおふたりでご参加されていました。

初めて参加したおふたりは、緊張もしているようでしたが はしゃいでいるようにも見えました。

時々ご自分の席を立ち ご友人のお部屋へ顔を出したり

楽しそうな笑い声が聞こえていました。

おふたリは楽しそうでしたが、他の参加者の女性からは良い印象はない様子でした。

男性へアプローチするのもおふたりで相談しながら選んでいました。

その日、おふたりは男性から選ばれる事なくパーティーは終了しました。

私から「婚活はひとりでしたほうが良いと思うよ」とアドバイスをさせていただきました。

 

それから数日、おふたりのうちの一人の女性からお電話がありました

「ちゃんと考えて婚活をしたいと思っています。相談させてください」

彼女は無料相談会へ参加しました。

彼女は私からのアドバイスを素直に受け 一人で婚活する事に決めました。

 

出逢う事ができれば、ご自分の想いを伝えることができる行動派の彼女には

IBJメンバーズプレミアコースをご提案させていただきました。

 

彼女とご友人は学生の頃からのご友人

とても仲が良く、お互いの家族も良く知っている仲です。

仕事も会社は違えど 同じ職種

抱える悩みも同じような内容

恋人のいないふたりは、月のイベントはいつも一緒。

クリスマス 年越し お正月 七夕・・・

彼女が活動を始めたことを ご友人は「やめたほうがいいよ」「まだ早いよ」

「いつか出逢えるよ」「焦らないほうがいいんじゃない?」

と快く思っていないようでした。

ただ彼女は このまま同じ状況にふたりでいたら居心地良すぎて婚期を逃す気がする

そう思ったそうです。

 

今年のふたりの、お正月の誓いも 七夕の願いも同じ「素敵な人に出会いたい」

 

出逢って1年 彼女にとってベストな活動始め 願いが叶いました。

この夏、素敵な男性からプロポーズを受けたのです。

そして 彼女は大好きな友人に相談会に参加する事をすすめました。

「決める」事にいつも慎重になり過ぎてチャンスを逃してしまう、そう彼女は自分の嫌いな性格を教えてくれました。

シャイで人見知りな彼女には

専任のカウンセラーからの紹介もついたコース IBJメンバーズVIPコースをご提案しました。

そして、もう一人の彼女の

ともだちと離れた「本気の婚活」が始まりました。

 

彼女は友人の性格を熟知しているからこそ

先に行動して、見本を見せて 不安症な彼女の背中を押しました。

スタートは1年遅いけれど

それぞれのスタートがベストタイミングだと、私は思います。

 

ただ想うだけでは、「そこ」へは辿りつけません。

待つだけでは、幸せを勝ち取る事なんてできません。

結婚への近道は、まずは1歩踏み出し、出逢うこと。

そして 時には背中を押してもらうことも必要なのかもしれませんね。

一緒に考え、サポートさせていただきます。

設楽

結婚相談アドバイザー  設楽(大宮店)

仕事のやりがい
ご縁あって、お話した方の悩みなどをお聴きできた瞬間。また、幸せな笑顔を見たとき。

アドバイザーに相談する

最新の記事はこちら

小林

専任カウンセラーサポートとは?

結婚相談アドバイザー
小林(さ)

行武

自分に合うカウンセラーはいるのか?

結婚相談アドバイザー
行武

川上

IBJメンバーズのお相手紹介とは?

結婚相談アドバイザー
川上