結婚相談コラム|結婚相談所IBJメンバーズ

婚活のプロが語る結婚相談コラム

結婚はしないとわからない (アドバイザー設楽)【2014/02/07】

結婚相談所IBJメンバーズ 大宮店 アドバイザーの 設楽です。

29歳の会計士の彼は 「結婚なんてしたくない」

そう、言いながらパーティに参加して婚活をしていました。

 

彼のご両親は 物心ついた頃から仲が悪く 彼が25歳の時

妹さんの結婚式が終わると離婚したそうです。

妹さんはご結婚されてから3年で 離婚

幼馴染の友人も離婚

彼の中の数式は 結婚=離婚

 

身近な大切な人の離婚に触れる中で彼が感じていた事は

「どうせ別れるなら結婚しなくてもいいじゃないか」

そんな彼は 恋愛をしてもどこか冷めていたのでしょう

いつも恋人に振られてしまう

そうして彼は 「どうせ振られるのだから恋人もいらない」

 

そんな彼がなぜ婚活を始めたのでしょうか

 

お得意先へ伺った時、そこの社長が言った言葉が引き金でした。

「結婚はいいもんだぞ」

社長の言葉に 自分の不安を打ち明けたのだそうです。

「きっとダメだからやめよう」ではなく「ダメにないように、何をしよう」

「ダメになったらどうしよう」ではなく「ダメにならないためにどうしよう」

 

その日彼は、今まで自分が何をモヤモヤしていたのか少し分かったそうです

でも彼の頭の中の単語は

結婚・家族・離婚・悲しい・怖い・寂しい・・・・

家族が欲しい気持ちは分かったけれど 上手く自分の気持ちをコントロールして

割り切ることができませんでした。

だから婚活をしていながらも 私に言ったのは「結婚なんてしたくない」

 

お話をしている中で

彼は私に「設楽さんはなぜ結婚したのですか?」と質問しました。

そして「今、幸せですか?」と・・・

 

彼は私の家族の話を楽しそうに聴いていました。

そして 彼が選んだのは IBJメンバーズ プラチナコース

 

私も、社長さんの言葉にとても感銘を受けました。

人は時には背中を押してもらう事も大事ですね。

何よりも、自分がどうしたいのか 自分の気持ちに気づくことが大切です。

未来をどのようにするかは自分次第。

社長と私に背中を押された彼は

自分の未来は 自分で創る! そう言って本格的に活動を始めました。

私たちは 全力で彼の結婚への想いをサポートいたします。

設楽

結婚相談アドバイザー  設楽(大宮店)

仕事のやりがい
ご縁あって、お話した方の悩みなどをお聴きできた瞬間。また、幸せな笑顔を見たとき。

アドバイザーに相談する

最新の記事はこちら

小林

専任カウンセラーサポートとは?

結婚相談アドバイザー
小林(さ)

行武

自分に合うカウンセラーはいるのか?

結婚相談アドバイザー
行武

川上

IBJメンバーズのお相手紹介とは?

結婚相談アドバイザー
川上