結婚相談コラム|結婚相談所IBJメンバーズ

婚活のプロが語る結婚相談コラム

運命的な出逢いをしたい(アドバイザー畑木)【2014/02/07】

結婚相談所IBJメンバーズ 横浜店 アドバイザーの 畑木です。

31才の女性。婚活を初めて4カ月。とても真面目な女性です。
婚活を始めたきっかけは、最近従兄弟が結婚したのを機に、婚活を始めたとのこと。
いろいろな婚活パーティーに参加されているそうです。

 

しかし、カップリングも何度かしてその後会ってみたのですが、自分には合わないような気がして連絡を取らなくなってしまったり、また相手から来なくなってしまったりと続かず、どんな人が自分に合っているのか分からなくなってしまったとのことした。
私は昔読んだ婚活の本の一節を思い出し紹介しました。

 

アメリカの心理学者の本で、Q&Aのコーナーで『運命的な出逢いをするのにはどうしたらいいですか?』という女性の問いに、以下のように答えていました。
〔運命的な出逢いを「アーチェリー」に例え、器量も良く男性と出逢うチャンスの多い女性は弓矢をたくさん持っているとします。しかし、たくさん持っているからとやみくもに打っても決して的には当たりません。
しっかりと的を狙い打つこと。

 

また、外れてしまったら「どうしてだろう?風が吹いたのかな?」と考えてみるプロセスがとても重要です。
それができれば道を歩いているだけで結婚相手に出逢うことができますよ…〕

とのことでした。

 

現在こちらの方にIBJメンバーズでご活動をいただいておりますが、良い交際に入っています。
IBJメンバーズのシステムの一つ【申し込み候補登録】がそんな役割を果たしてくれます。婚活で大事なのはしっかりと自分の物差しを持つことだと思います。「この人 会ってみようかな!」と自分からすすんで思えるような人に出会うことができれば、婚活も楽しくすすめることができるのではないでしょうか。

畑木

結婚相談アドバイザー  畑木(横浜店)

仕事のやりがい
これまでまったく違うところで生活していた二人が、縁あって出会っていくことは本当に素晴らしいことです。そんな大切な瞬間に立ち会えるこの仕事に喜びと誇りを感じています。

アドバイザーに相談する

最新の記事はこちら

小林

専任カウンセラーサポートとは?

結婚相談アドバイザー
小林(さ)

行武

自分に合うカウンセラーはいるのか?

結婚相談アドバイザー
行武

川上

IBJメンバーズのお相手紹介とは?

結婚相談アドバイザー
川上